小川健太のプロフィール

大会出場

小川健太

※更新日時2019年10月14日

この度は数あるブログの中から、リザルトブログに訪問していただき、ありがとうございます。このブログでは「実践と検証」をキーワードとして、僕自身が興味関心を持つジャンルを中心に価値ある情報をお届けいたします。

リザルト・ブログでは、こんなジャンルの記事を書いていきます。

・身体作りに関する話(増量・減量)
・読者さんを対象としたボディメイクのアドバイス
・マイプロテイン商品のレビューとセール情報
・お得情報

基本方針として【僕自身が「なるほど!」と思ったことは、他の方も価値を感じてくれるはず】という信念を元にアウトプットさせていただきます。

リザルト・ブログのコンセプトは?

このブログの合言葉は「実践と検証」です。

以前、堅苦しいことをテーマと掲げてみたのですが全く筆が進みませんでした。(笑)なので、僕自身が興味を持っているジャンルを中心に情報をお届けすることにしました。

どのジャンルでも言えることだと考えているのですが、何事も実践と検証が必要であると考えています。勉強するだけでは成果が出ないのは当たり前ですが、実践してやりっぱなしとなってしまっても成果には繋がらないものです。成果に繋げるためには検証が必要です。

このブログは、実際に僕が実践する場所であり、検証結果を残す場所にしていきます。その過程が、同じことに興味を持っている人の役に立てば嬉しいなと考えています。

やりたいことは色々とありますが、焦らず1つずつ形にしていきます。

「嘘」の多いフィットネス業界に騙されないための情報をお届けします

僕自身が筋トレを始めた時に感じたことは「フィットネス業界には嘘が多いな…」ということでした。だからこそ、このサイトでは「正確な情報」をお届けすることを強く意識しています。

インターネットでの情報発信は都合の悪い部分を隠して、良い部分だけを発信することは簡単です。さらに完全匿名ということを悪用して自分では使っていないサプリメントや筋トレグッツを、さも効果があるように宣伝することもできるでしょう。(着るだけで筋肉がつくとか、飲むだけでムキムキになるとか、そういった商品のことです。)

適当なことをかいているサイトは山ほどありますが、筋トレの魅力にハマっている人間として「許せない」と感じています。

とんでもない理論の商品が次々と生まれる背景には「それを購入してしまう人」の存在があります。

「正しい知識を持っていないがために、ほとんど効果が見込めない商品を購入してしまう」という流れを断ち切るためには、僕ら1人ひとりが正しい知識を持ち、そういった情報や商品を相手にしなくなることが解決の道であると考えています。(業者も売れなければ=儲からなければ撤退するでしょう。)

弱小サイト1つで世の中の流れがひっくり返るとは考えていませんが、少なくとも、このブログの読者さんには情報を正しく判断して身体作りに励んでいただきたいと、僕自身の知識や経験を全て公開すべく、サイトを運営しています。

管理人の強みは「圧倒的な才能の無さ」です。ボディメイクのリアルを伝えます。

情報発信をする上で「自分の強みとは何だろう?」と考えたことがあります。

考えた結果、出てきたのは「圧倒的な才能の無さ」でした。

トレーニング歴はまだまだ浅いですし、大していい身体をしているわけではありません。さらには重たい重量を扱うようなテクニックもありません。むしろ逆で、トレーニーの中では「弱い」部類に入るでしょう。

僕は昔から身体に恵まれず、「運動の才能」がありませんでした。

これは高校1年生(16歳)の時の体力テストの結果なのですが…

  • 身長:163.1cm
  • 体重:43.8kg
  • 握力:24kg
  • 50m走:8.0秒
  • ハンドボール投げ:20m

という酷い有様…

173人中161位という、逆の意味で「フィジカルお化け」でした。リアルにその辺の女子よりも細かったです。(卓球部と書いていますが幽霊部員でした。笑)

それ以降、特に運動することもなく生活し28歳の時に、ひょんなキッカケから筋トレを始めたわけです。

筋トレBefore-After

筋トレ系の情報を発信されている方の多くは学生時代にガッツリとスポーツをされていた経験がある方が多いのですが、僕はまるで逆です。思春期のスポーツ経験はほとんどなく、大人になってから突如筋トレに目覚めたタイプです。

体格的に恵まれているどころか、下から数えた方が早いレベルでしょう。

一般的な成人男性のベンチプレスMAXは40kgと言われているのですが、僕が初めてベンチプレスに挑戦した時には20kg(バーのみ)すら上げることができませんでした。

圧倒的な才能の無さに落ち込みましたよ…orz

でも逆に考えてみたんです。

これほど才能がない自分でも、努力を重ねて成長することができれば、過去の自分と同じように悩んでいる方の1つの希望になるのではないか…

DNAにも恵まれていない筋トレ歴の浅いヘッポコトレーニーだからこそ、ボディメイクの「リアル」を伝えることができるのではないかと!

そう考えたからこそ自らを実験体として、等身大の姿をリアルタイムで公開していくことを決めました。才能がないところからどのように成長していくかをお届けしていくので、参考になる部分は是非パクってください。

そんな僕ではありますが自分自身の限界に挑戦してみたいと、2019年7月にJBBFのフィジークに出場しました。(そして惨敗しました。)

大会出場で得た経験と教訓をまとめていますので、大会出場を考えている方は是非チェックしてみてください!

大会出場

JBBFのフィジークに出場するも惨敗でした!2019年の減量まとめと増量期の過ごし方について

僕はトレーナーではありません。だからこそ、出し惜しみは一切ありません。

僕はトレーナーではなく、単なるトレーニーです。

筋トレやサプリメントについて勉強するのは「自分が成長するため」で、人様にお金をいただいて指導するといった予定は全くありません。だからこそ、学んだことや実践したことを出し惜しみする理由が1つもありません。

良い知識は世の中に広く知られることで、世の中の生活が良くなると考えているタイプです。

良いと感じたものは素直に「良い」と伝えますし、効果を感じなかったものは「効果を感じなかった」とストレートに伝えることを信念としています。

単純に僕が間違えた知識を得て発信する可能性は常にあるので注意していますが、「読者さんを騙すことで僕が得られるメリットは1ミリもない」という考えであることは知っておいていただければ幸いです。(間違えた情報がある場合はご指摘いただけると嬉しいです。)

僕自身が成長して正しい知識や経験を重ねることが読者さんにとってのメリットになると信じて日々筋トレに励んでいます。

2019年8月からYoutubeもスタートしました。

2019年8月からはYoutubeを始めました。(Youtubeをやらないことによる機会損失を多く感じたため。)

頻繁に更新できているわけではないですが、ブログと合わせて頑張って更新しています。

お勧め動画1:Impactホエイプロテインお勧めフレーバーランキングTop10

読者さんを対象にアンケートを実施してImpactホエイプロテインの味ランキングを決めました。(こういった企画はまたやりたいと思っています。)

お勧め動画2:ルーティン動画

流行りに乗っかってルーティン動画を作ってみましたが、全く伸びないのでここに置いておきます。(笑)

有益な情報は特にないですが、自分らしさは良く表れていると思います。

リザルトブログの歩き方

前置きが非常に長くなってしまったのですが、本サイトのコンテンツを大まかなジャンルごとに紹介させていただきます。なるべくわかりやすく並べたつもりですが、探すのが面倒という方はLINEで直接お尋ねください。(笑)

※完全無料でいつでも配信停止できます。現在6,539名の方にご登録いただいています!(累計)

※リアルタイムで買い時をお知らせ※

※パソコンからご覧の方は「@tlg4179g」と検索してください。

筋トレを始める前のあなたに伝えたいこと

筋トレを始める前に

筋トレを始めた時はやる気に満ち溢れていたけど、時間が経つにつれてやる気が無くなっていく…そんな経験はありませんか?実は筋トレには「始め方」があります。モチベーションに頼らずに筋トレを習慣化することが肉体改造の近道です。

ジムに通って筋トレをする場合は、必要最低限のモノから揃えていきましょう。最初に一気に揃えても、結局使わなくなることはよくあります。(僕も経験しました。)

あと、筋トレを始めると服が全滅するので注意しましょう。(笑)

プロテインやサプリメントの選び方

商品は注文通りに入っていました。

筋トレを始めて悩むのが「プロテイン」の選び方です。色々な商品が販売されていますが、実は「大元は同じ」です。

そのことを知ってから僕は「内容量とコスパ」で選ぶようになりました。(コスパで選ぶのであれば「マイプロテイン」が最強です。このブログの多くの記事がマイプロテイン関連の記事です。)

※超絶おすすめしています。日本製品の半額以下で品質も良いです。

自分の身体に入れるものですし長く付き合うものなので、しっかり学んでから選択することをお勧めします。

サプリメントの世界は非常に広く深いです。「絶対にこれが必要!」というわけではなく、目的に合わせて使いたいものを1つずつ試していきましょう。

マイプロテインセール攻略方法

LINE@紹介

超絶お勧めしている「マイプロテイン」ですが、セールが複雑でわかりにくいのが難点です。マイプロテインでお得にプロテインやサプリメントをゲットするためにセールを上手く活用しましょう!

最も簡単な解決方法は「管理人(小川)に聞く」です。(手前味噌な話ではありますが、僕はマイプロテインが日本に出てきた当初からセール情報を追い続けています。)

LINEではリアルタイムで「買い時」をお知らせしており、セール分析情報の評判が非常に良いです。個別での相談も受け付けておりますので、お気軽にどうぞ!

※完全無料でいつでも配信停止できます。現在6,539名の方にご登録いただいています!(累計)

※リアルタイムで買い時をお知らせ※

※パソコンからご覧の方は「@tlg4179g」と検索してください。

僕が最も優遇しているのはLINEに登録いただいている方であることをお伝えしておきます。

LINEで配信している内容の一部をYoutubeでも公開しているので「どんな内容を配信しているのか気になる」という方はチェックしてみてください。

筋トレ理論・トレーニング方法について

マンデルブロ・トレーニング

具体的なトレーニング方法はYoutubeでの動画説明の方がわかりやすいので、このサイトではそれほど解説していませんが、僕がどこから知識を得ているのかを共有します。現在の僕の筋トレメニューは山本義徳さんが提唱している「マンデルブロトレーニング」をベースに構築しています。(胸・背中→脚→肩・腕→脚の4分割で行っています。)

本格的にウェイトトレーニングをされている方は必ず読むべきと考えていますし、効率良く筋肉を鍛えたいと考えている方も早い段階でチェックしておくべきです。(僕はもっと早いタイミングで知りたかったですよ…)

なお、自重トレーニングについて、たまに質問されるので先日NHKで行われた「みんなで筋肉体操」の種目をベースとして解説記事も書いています。

理想の体型を作る食事管理方法

肉体を変えるためには筋トレ以上に食事管理が大切です。僕は筋トレを始めてから「食事が身体を作る」ということを実感しました。

トータルカロリーとPFC(三大栄養素)を管理することができれば、体型変化の難易度はガクンと下がります。初心者こそ食事管理は意識すべきです。サプリを使い始めるのは食事管理をやってからと言っても過言ではないでしょう。(プロテインを飲むのも、言ってしまえば食事管理の一環です。)

減量や増量のやり方

減量や増量のやり方については、僕自身の体型変化をお伝えするとともに読者さんを巻き込んだ「企画」としても情報をお伝えしています。目的に合わせた方法論を知るために、お時間のあるタイミングでチェックしてみてください。

正しい知識と正しい努力を重ねて、理想の身体を目指しましょう!

あなたからのご質問、お待ちしております!

ボディメイクに関するご質問はLINEのほうでお気軽にどうぞ!

※完全無料でいつでも配信停止できます。現在6,539名の方にご登録いただいています!(累計)

※リアルタイムで買い時をお知らせ※

※パソコンからご覧の方は「@tlg4179g」と検索してください。

自由気ままなブログとはなりますが、よろしくお願いいたします。

広告配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でサイト利用者に表示できます。

サイト利用者は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

アフィリエイトリンクについて

i-merchant.netは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

免責事項

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。