【クランベリー&ザクロ】マイプロテインのHMBをレビュー。摂るべき理由と摂取方法、実感など。

【ブラックフライデー週間】全品最大70%オフ+追加30%オフ!

■ 全品最大70%オフ+追加30%オフ!+一定購入以上でImpactホエイプロテイン無料

・割引コードは KURO30 です。


●【日替わり】激安ヒーローアイテム

プロテインブラウニー 12個入り:1,778円
スキニークッキー 12個入り:1,477円
ハイプロテインチョコレート:378円




●コード使用で60%~70%オフとなる商品

プロテイン・ウエハース 10個入り:1,267円
Impact ホエイプロテイン(サンプル):42円
NアセチルLチロシン 500g:1,281円
発酵BCAAパウダー 500g:1,904円




●コード使用で45%~60%オフとなる商品

CLA 180錠:1,834円
ソイプロテイン(アイソレート) 2.5kg:2,009円
シトルリン マレート 500g:1,771円
タウリン 1kg:2,114円




●コード使用で30%~45%オフとなる商品

【WPC】Impactホエイプロテイン 5kg:7,077円
【WPI】Impact 分離ホエイプロテイン (アイソレート) 5kg:9,394円
Thewhey 1.8kg:4,319円

スポンサードリンク

こんにちは!小川(@ogawakenta)です。

今回は「HMB」をレビューします。HMBは3回目の購入でゲットしました。摂取し始めてからそれほど時間は経っていないのですが、実際に飲んでみたレビューと共に調べた内容をシェアします。

これは個人的な感想ではありますが、「HMB」はまだ解明されていない部分が多いものだと感じます。不明な部分が多いからこそ、現状「最もカモられやすいサプリ」だと考えています。(筋トレ系のよく分からないサプリの多くはHMB関連の商品が多いです。)

しっかりと調べた上で、導入を検討するようにしましょう!

結論:HMBは導入すべきなのか?

「HMBは導入することでデメリットのあるサプリではなく、初心者の方こそ効果を実感しやすいという研究結果が出ているので金銭的に余裕のある方は導入するのもアリ」というのが自分の結論です。(正直、まだ効果を実感することができていませんが…)

日本ではHMBを謳う「オールインワンサプリ」が多く販売されているので、誤解の多いサプリだと思います。当然ですが飲めば筋肉が付くものではありません。しっかり筋トレをして、プロテインを飲むことの意義を理解している人であれば、プロテインの中にHMBを入れるのは大いにアリと考えます。

個人的には「オールインワンサプリ」には懐疑的なので、純粋なHMBを試してもらいたいと思う次第です。

そもそも、HMBとは?効果と副作用は?

HMBは「3-Hydroxy 3-MethylButyrate」の略称で、正式名称を3-ヒドロキシイソ吉草酸といいます。必須アミノ酸の1つである「ロイシン」を摂取して体内で代謝された時に生成される物質として知られています。(ロイシンはBCAAをに含まれる物質の1つですね!)

ウィキペディアによると、HMBは1996年にアメリカで発見されました。筋肉量の増大&減少抑制の効果があると記述されています。

2000年頃からアメリカのフィットネス業界では一大ブームになったと言われているHMBですが、日本で販売可能となったのは2009年からです。10年ほど遅れた理由は法律の問題でして、「非医薬」に区分されたことで日本での販売が可能となりました。(そう考えると比較的歴史の浅いサプリとなります。)

ロイシンはホエイプロテインやBCAAに含まれているので「摂取する必要はないのでは?」と考えがちですが、問題となるのは「ロイシン」から「HMB」への変換率です。

ロイシンからHMBへの変換率は約5%と言われています。そしてHMBの推奨摂取量は1日3gとされているので、ロイシンで摂取する場合は60gを摂取しなければいけない計算となります。「60gのロイシンを摂取するのは不可能なので、サプリとして摂取しましょう。」というのが、売る側の理屈となります。

筋肉中のタンパク質の分解を防ぐ

最も注目されているのが「筋肉の分解を抑制する」と考えられている点です。筋肉は常に分解と合成を繰り返しています。そのため、筋トレをすることで筋肉を分解してしまう側面もあるのですが、HMBを摂取することで、より多くのタンパク質を届けることができると言われています。つまり、ハードな筋トレをしても筋肉の分解が行われにくく、回復が早くなると言われているのです。(同様の効果があるものとしてBCAAも挙げられます。)

筋肉の合成の促進

これはロイシンの効果とも被ってくる部分ですが、筋肉合成を活性化する効果もあると言われています。ただ、これは日常的にあまり運動をしない方や強度の弱い筋トレばかりをされている方の方が効果が表れやすいようです。筋力増量の意味では、初心者の方が効果を実感しやすいサプリと言えそうです。

クレアチンと飲むことで相乗効果あり

HMBの効果ではないのですが、クレアチンと併用することでお互いの効果を高める相乗効果があることが判明しています。HMBを摂取するのであれば、クレアチンも合わせて摂取したいところです。

→ 【ピーチ&マンゴー味】マイプロテインのクレアチンをレビュー。摂るべき理由と摂取方法、実感について。

副作用は今のところ特に報告されていないが、摂取量に注意

HMBは比較的新しいサプリで20年程度の歴史しかありませんが、今のところ副作用として言われているものはありません。ただ、摂取しすぎることで筋肉を合成する効果が低減するという研究結果が報告されています。(あくまでも1つの事例ですが…)

→ -hydroxy–methylbutyrate ingestion, Part I: effects on strength and fat free mass

「HMBを摂取しない」・「体重1kgあたり38mgのHMBを毎日摂取」・「体重1kgあたり76mgのHMBを毎日摂取」という3つのグループに分けて8週間の筋トレをした結果が上記となります。

※体重60kgの場合、1kgあたり38mg→2.28g、1kgあたり76mg→4.56g。体重70kgの場合、1kgあたり38mg→2.66g、1kgあたり76mg→5.32g。

未摂取群、76mg摂取群と比較すると38mg摂取群の除脂肪体重が増加していることがわかります。「1日3g」という推奨量はこの研究結果から出されているものなのでしょう。

HMB商品の選び方

HMB商品には大きく2種類あります。1つは純粋な「HMBサプリ」であり、もう1つはHMB以外にもクレアチンやBCAA等の成分が配合されている「オールインワンサプリ」です。(パッケージだけを見ると純粋なHMBサプリのように見えるものもあるので注意が必要です。)

広告としてよく見かけるのは「オールインワンサプリ」の方です。色々と入っているのですが、その分(かなり)割高です。広告を配信してもペイできるだけの利益率のある商品であることは間違いないでしょう。

イメージだけで判断せずに、しっかりと成分表を見てから購入されることを強くお薦め致します。

成分表をしっかりと見て購入するのであれば、どのメーカーを選んでも問題ないと考えますが、HMB単体を購入するのであれば、マイプロテインのコスパは異常なほど良いです。

マイプロテインのHMB商品は粉末タイプとタブレットタイプの2つに分かれます。

HMB粉末タイプ

粉末タイプの場合、ノンフレーバーの250gで定価が3,570円(1gあたり14.28円)となっています。

HMBタブレットタイプ

タブレットタイプの場合、180錠で定価が3,840円(2錠でHMB1gであり、2錠あたり42.66円)となっています。

こうやって値段に換算してみるとだいぶ価格に差がありますね。コスパで選ぶのであれば間違いなく粉末タイプがお勧めです。

…と書いてみましたが、バルクスポーツの商品で比較してみると…

粉末タイプは90gで4,062円(1gあたり45.13円)でタブレットタイプは180タブレットで4,885円です。(タブレットタイプは2錠でHMB1gとなっています。2錠あたり54.27円)

こうやって価格を比較してみると、マイプロテインのHMBがどれだけ安いのか?が伝わると思います。

HMBを飲むタイミング

(HMBに限った話ではありませんが)一度に摂取しても吸収率が悪くなるだけなので、細かく分けて摂取することが推奨されています。マイプロテインのHMBは1日3gが適正とされていますが、1回1gを3回に分けて摂取することが推奨されています。

筋トレ前に摂取することをお勧めしているサイトも多く見られますが、それほど信憑性のある情報ではないと感じました。(HMBの効果が現れるまで1~2週間程度かかると言われているので。)

あまり気にせずに普通にプロテインを飲むタイミングや食事のタイミングと合わせて1日3回飲むようにしましょう。(マイプロテインの商品ページにも「HMBを弊社のImpactホエイプロテインと併用することをお勧めします。」と書かれています。)

今回購入した「HMB」について

公式サイトからの引用となりますが…

HMBとは

HMB(3-ヒドロキシイソ吉草酸)は分岐鎖アミノ酸ロイシンの代謝物質です。

なぜHMBなのですか?

1990年代から人気が高まっているHMBは、”オールインワン”アイテムとして世界中で広く使用されています。あなただけのオンリーワンHMBを作ってみませんか?私たちのHMBを使ってみて下さい!

引用:マイプロテイン「HMB」

という説明が書かれています。

HMB成分表

成分表をチェックするとノンフレーバーは、純粋なHMBと言えます。

少しレビューを拾ってみましょう。

HMBがこれほど安く買えるとは驚きですね。他メーカーのHMBサプリは飲んだことありませんが、この価格だと浮気することはないですね。1回の量が少ないので味付きよりはノンフレーバーがいいと思います。クレアチンと併せて、味付きプロテインに混ぜて飲んでいます。においは確かにしますが、大した問題では無いと思います。付属のスプーンは使いづらいので、スプーン(ミニ)を一緒に購入して計量しています。飲み出してから数週間もしないうちに効果が目でわかるほど出ました!おすすめです。

9 6月 2017 by てつや

アップル味を購入。においも味も特に気になりません。普通にのみやすいです。話題のサプリなので効果に期待。

8 6月 2017 by アナベベ

香りがやばいとのレビューをみましたが、サマーフルーツは全然そんなことはありません。 マイプロテインのホエイと混ぜて飲んでいますが、めちゃくちゃ美味しくなります。 ホエイはチョコブラウニーです。 美味しすぎて飲みすぎてしまう、、、、。 BCAAのマンゴーもいいけど、サマーフルーツも美味しいよ!

8 6月 2017 by ミルフィ

ノンフレーバーを飲みましたが少しクセがあって飲みにくいです。慣れてくると気にならなくなりました。

5 6月 2017 by RYO

全部で84件のレビューがあり、5段階評価の平均は4.39と高いです。

コスパについては文句なしの感想が多いですが、ノンフレーバーは匂いや味がイマイチという声がチラホラ見られます。フレーバー付きのものの評判はそれほど悪くありません。

それでは実際に「HMB」の様子を見ていきましょう。

HMBの様子

マイプロテインHMBのパッケージ

今回購入したのはHMBの粉末タイプです。粉末タイプはポーチ型のパッケージに入れられています。今回は250gの商品を購入しました。フレーバーは「クランベリー&ザクロ」です。

パッケージ裏側

パッケージの裏側には内容量や飲み方が書かれています。フレーバー付きは1食1.25gで1gのHMBが配合される形となっています。(1/5スプーンで1.25gの計算のようです。)含有量で言えば80%ということになりますね。

飲み方に関しては量の記載だけで溶かすべき水やジュースの量は指定されていませんでした。

中身の様子

パッケージの中に専用のスプーンが入っています。スプーンが粉まみれになるのは困る部分ですね…

匂いは完全にブルーベリーガムの匂いがします。

掬った様子

パッケージの説明によると1食分1.25gは「スプーン1杯の5分1」と書かれています。自宅の秤はg単位のものしか無かったので正確に測ることができず、写真は断念しました…ただ、同じ形状のスプーンでBCAAを測定した時にはスプーン摺り切り1杯で3gだったので、1/3で1gになると思い、気持ち多めにしています。(秤を購入したら再度試してみることにします。)

水100mlに溶かす

今回は水100mlに溶かして飲んでみます。

水を注いだ直後の様子

水を注いだ直後の様子です。色は鮮やかですね…ブルーベリーガムっぽいです。

シェイクした様子

シェイクした様子がコチラとなります。しっかりと溶けてくれました。味も匂い通りブルーベリーガムに近いですが、それほど強烈な味がするわけではありません。ほのかに香る程度なので、いつもはプロテイン(ナチュラルストロベリー味)に混ぜて飲んでいます。

ノンフレーバーの定価は250gで3,570円(1gあたり14.28円)、500gで5,220円(1gあたり10.44円)となっています。(フレーバー付きでも値段は変わりません。)

セールを活用することで1gあたり10円以下で購入することができるは破格と言えます。

他のメーカーはマイプロテインのHMBを購入して加工してるんじゃないか?と疑うレベルです。(笑)Amazonで売られているバルクスポーツのHMBパウダーは2017年6月15日現在、90gで4,062円(1gあたり45.13円)となっています。

(再掲)結論:HMBは導入すべきなのか?

「HMBは導入することでデメリットのあるサプリではなく、初心者の方こそ効果を実感しやすいという研究結果が出ているので金銭的に余裕のある方は導入するのもアリ」というのが自分の結論です。(正直、まだ効果を実感することができていませんが…)

日本ではHMBを謳う「オールインワンサプリ」が多く販売されているので、誤解の多いサプリだと思います。当然ですが飲めば筋肉が付くものではありません。しっかり筋トレをして、プロテインを飲むことの意義を理解している人であれば、プロテインの中にHMBを入れるのは大いにアリと考えます。

個人的には「オールインワンサプリ」には懐疑的なので、純粋なHMBを試してもらいたいと思う次第です。

→ マイプロテイン「HMB」の詳細はコチラ

その他、お勧めのサプリ情報やマイプロテイン商品をお得に購入する方法を下記にまとめています。合わせてチェックしてみてください。

→ 【まとめ】プロテイン選びに消耗する前に読むページ。オススメあり

それでは、良い筋トレライフを!

【ブラックフライデー週間】全品最大70%オフ+追加30%オフ!

■ 全品最大70%オフ+追加30%オフ!+一定購入以上でImpactホエイプロテイン無料

・割引コードは KURO30 です。


●【日替わり】激安ヒーローアイテム

プロテインブラウニー 12個入り:1,778円
スキニークッキー 12個入り:1,477円
ハイプロテインチョコレート:378円




●コード使用で60%~70%オフとなる商品

プロテイン・ウエハース 10個入り:1,267円
Impact ホエイプロテイン(サンプル):42円
NアセチルLチロシン 500g:1,281円
発酵BCAAパウダー 500g:1,904円




●コード使用で45%~60%オフとなる商品

CLA 180錠:1,834円
ソイプロテイン(アイソレート) 2.5kg:2,009円
シトルリン マレート 500g:1,771円
タウリン 1kg:2,114円




●コード使用で30%~45%オフとなる商品

【WPC】Impactホエイプロテイン 5kg:7,077円
【WPI】Impact 分離ホエイプロテイン (アイソレート) 5kg:9,394円
Thewhey 1.8kg:4,319円

太りたいガリガリ男子の方へ。筋トレを始める前に…

勢いだけで筋トレを始めても続きません。

「思考のインストール」・「食事と体重の関係性の理解」・「教わる人」の3つが必要です。

詳しくは解説記事をどうぞ!

→ 太りたいガリガリ男子が効率良く健康的に太る方法【筋トレを始める前に抑えるべき3つのポイント】

マイプロテインのセール情報

■ 今月の月イチセールはチョコレート味30%オフ!

・割引コードは CHOCO30 です。

・その他、週末セールや最大70%オフのお買い得商品も!

スポンサードリンク

【登録不要】プロテインに関する知識と経験の全てを1ページにまとめました!

筋トレをする上で欠かせないものはプロテインですが、日本で売られているプロテインの大元は全て同じだと知っていますか?中身が同じなら、コスパで選べば良いと思いませんか?

プロテインについて調べたこと、実践したことを全て記事にしてまとめています。(記事を書くのに掛けた時間には自信があります!)

「ビタミン・ミネラル」・「フィッシュオイル」・「BCAA」・「クレアチン」などなど、各種サプリについても情報を追加中です。

必要な情報を全てまとめる勢いで作成しているので騙されたと思って覗いてみて下さい!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年3月9日生まれ、うお座。2008年、大学3年の時に(株)アイマーチャント代表取締役社長 菅智晃の著書を読み、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担うなど、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。詳しいプロフィールはコチラ!