満足度98.4%のセール速報LINE >>

究極のプロテイン!トータルプロテインブレンドをレビュー。お腹が満たされて減量にも使える

こんにちは!Natsumi( @natsumi_dct )です。

今回はマイプロテインのトータルプロテインブレンドをレビューします。

欲張りな人には魅力的な「トータル」というネーミング。まさに、わたし好みw

トータルとは、7種類のタンパク質を指します。カゼインが含まれていることで満腹感も得られるので、減量中にも使える商品です。

トータルプロテインブレンドのおすすめ点は以下の通りです。

トータルプロテインブレンドのおすすめ点
  • 満腹感が得られやすく、腹持ちが良い
  • 7種類のタンパク質がブレンドされている
  • スプーン1杯はタンパク質24g
  • 起床後または就寝前の摂取がおすすめ

それでは、詳しく見ていきましょう!

ここをクリック

トータルプロテインブレンドは就寝前の摂取がおすすめ。ダイエットの味方にも!

お決まりですが、最初に総合評価を紹介します。

総合評価

溶けやすさ:★★★☆☆

フレーバーランキング
1位:ストロベリークリーム
2位:チョコレートスムース
3位:バニラ
4位:ノンフレーバー

泡立ちが無いのは大変良いのですが、ダマができやすいです。シェイカーボールを使用してもダマが残ります。

フレーバーについては、この4つであれば、ストロベリーとチョコレートが断トツ人気だと思います。

トータルプロテインを選ぶ利点としては、満腹感が得られやすいことです。ダイエット中に、朝食をトータルプロテインに置き換えても良いでしょう。ガセインが含まれているので、摂取はトレーニング後以外の、起床時・就寝前・間食のタイミングがおすすめです。

トータルプロテインブレンドの特徴。7種のタンパク質とは?

公式HPでは以下のように説明しています。

商品概要
高品質のプロテインを7種ブレンド。1食あたりタンパク質を24gを含有しておりますので、どんな運動にも最適な究極のプロテインです

選ぶ理由
ホエイプロテイン、ホエイアイソレート、加水分解ホエイ、ミルクプロテイン、ミセルカゼイン、カルシウム カゼイン、卵白パウダーの7つのタンパク質をブレンドしたこの商品は、あなたの充実したフィットネスライフを支える栄養素を充分に含んでいます。

究極のプロテインってすごいですよね。ホエイ(WPC・WPI・WPH)・カゼインの全てが含まれており、全てのニーズを満たすことが出来ることが究極という表現になったと思います。

ここで、トータルプロテインの特徴でもある、7種のタンパク質を整理してみます。

  1. ホエイプロテイン
  2. ホエイアイソレート
  3. 加水分解ホエイ
  4. ミルクプロテイン
  5. ミセルカゼイン
  6. カルシウムカゼイン
  7. 卵白パウダー

1.ホエイプロテイン(WPC)、2.ホエイアイソレート(WPI)、3.加水分解ホエイ(WPH)は聞き馴染みがある方が多いと思います。

「WPC・WPI・WPHの違いがわからないぞ」という方は、こちらの記事でサクッとおさらいしてみてください。

ホエイプロテイン マイプロテインのWPCとWPIの違いと選び方を解説。製法で種類が変わる。アイソレートが良い人は? ペプチド EAAの代用は「ペプチド」がおすすめ!加水分解ホエイやペプトプロもレビューしました。

4.ミルクプロテイン、5.ミルクカゼイン、6.カルシウムカゼインは、「カゼインプロテイン」です。

カゼインプロテインも、ホエイと同じく牛乳を原料としたプロテインです。ホエイと比べて、カゼインは不溶性で固まりやすく、消化吸収がゆっくりなことが特長です。

7.卵白パウダーは、その名の通り、卵白で作られたプロテインです。卵白は、たんぱく質の吸収率と体内利用率がとても高いので、意識的に卵料理を摂るトレーニーも多いですよね。

トータルプロテインブレンドの成分表

トータルプロテインブレンドの成分表

各フレーバーの1食あたりの成分は以下の通りです。(公式HPにはノンフレーバーの成分のみ記載されています)。

  ノンフレーバー ストロベリー チョコレート バニラ
エネルギー(kcal) 118 117 116 117
脂質(g) 1.4 1.4 1.5 1.3
  飽和脂肪酸 0.44 0.43 0.49 0.42
炭水化物(g) 1.2 1.6 1.3 2.3
  糖質 0.89 0.88 0.93 2.0
タンパク質(g) 25 25 24 24
食塩相当量(g) 0.05 0.10 0.10 0.10

フレーバーによる成分の違いは、バニラの糖質が他に比べて高いことくらいです。他に大きな偏りはありません。

ちなみに、タンパク質の質を抜きにして、インパクトホエイプロテインと比較した場合、目立った違いはありません。フレーバーによって異なる可能性はありますが、ノンフレーバー同士で比較した場合、トータルプロテインの方が4gタンパク質含有量が多かったです。

ここをクリック

各フレーバーごと味をレビュー!ストロベリー味が一番おいしい

私の独断で味をランキングにすると以下の順です!

  1. ストロベリークリーム
  2. チョコレートスムース
  3. バニラ
  4. ノンフレーバー

マイプロテインのストロベリーとチョコレートはどの商品でもハズレが無いと思っています。

今回のレビューでは、水の量は250mlにしています。

1スクープは家庭用電子計量器で28gとなりました。

1スクープは家庭用電子計量器で28gとなりました。

どのフレーバーも泡立ちは無くて良いのですが、シェイカーボールを使用してもダマが残ってしまいます。

どのフレーバーも泡立ちは無くて良いのですが、シェイカーボールを使用してもダマが残ってしまいます。

※水の量を350mlにすると、ダマの量はかなり減りました。

それでは各フレーバーをランキング順に一つずつ紹介していきます!

第1位:ストロベリークリームは、まさにイチゴオレの味!

第1位:ストロベリークリームは、まさにイチゴオレの味!

もう、本当にイチゴオレです。牛乳でシェイクしたら更に美味しいのかと思いましたが、甘すぎたので、水で十分でした。

冷たい水の方が甘さを抑えられてスッキリ飲めます。ダマのできやすさは、冷たい水と常温の水とで大差はありませんでした。

就寝前にイチゴオレが飲めると考えると幸せでしかありません(笑)

第2位:チョコレートスムースはヨーグルトとの相性も良い

第2位:チョコレートスムースはヨーグルトとの相性も良い

チョコレートというよりは、ココアを感じる味です。

私は、ヨーグルトとオートミールを混ぜたオーバーナイトオーツを、昼食で摂るのですが、これにチョコレートスムースとバナナを混ぜるのが最強です。毎日食べていますが飽きません。

ヨーグルトとオートミールを混ぜたオーバーナイトオーツ

見た目は良くないけど、かなり美味しいです!

これを弁当として持って行くので、朝の弁当準備がとっても楽な点も気に入っています。

私と同じようにお弁当で持って行く方は、冷蔵が必要になるので、温度管理に注意して下さいね。職場に冷蔵庫がある方なら問題なしです!

プロテインオーバーナイトオーツの作り方

【分量】
・脂肪0のヨーグルト約200g
・プロテイン スプーン1杯
・オートミール スプーン1杯
・バナナ1本

【作り方】
ヨーグルトとオートミールを混ぜて、その上にプロテインをかけておく。
オートミールとプロテインは、どちらもマイプロのスプーン1杯。
食べる時にバナナをスプーンで食べやすい大きさにカットしながら入れて混ぜるだけ。
ヨーグルトに混ぜたオートミールは6時間あれば十分柔らかくなっています。

第3位:バニラにはコーヒーを追加して甘さを緩和

第3位:バニラにはコーヒーを追加して甘さを緩和

バニラはケミカルな匂い・味を感じます。

私、バニラは好きになれないんですよね。コーヒーを入れると少し飲めるかな。

何かおすすめのアレンジがあれば、ぜひ教えて下さい!

第4位:ノンフレーバーは他のプロテインに混ぜて使うのが私流

第4位:ノンフレーバーは他のプロテインに混ぜて使うのが私流

ノンフレーバーは、そのまま飲むと牛乳の臭いのする水といった感じで、正直不味いです…

ノンフレーバーの使い道は、他のフレーバーのプロテインと混ぜることがおすすめです。

同じ商品のフレーバーと混ぜるのも良いですが、私はImpactホエイプロテインに混ぜて使っています。

甘すぎるフレーバーがあれば、甘味を緩和してくれるので、トレ後にスッキリ飲みたい時などに重宝しています。

まとめ:トータルプロテインは、トレーニング後以外での摂取がおすすめ

トータルプロテインブレンドのおすすめ点は以下の通りです。

トータルプロテインブレンドのおすすめ点
  • 満腹感が得られやすく、腹持ちが良い
  • 7種類のタンパク質がブレンドされている
  • スプーン1杯はタンパク質24g
  • 起床後または就寝前の摂取がおすすめ

トータルとは、7種類のタンパク質を指します。カゼインが含まれていることで満腹感も得られるので、減量中にも使える商品です。

最後に総合評価をもう一度掲載します。

総合評価

溶けやすさ:★★★☆☆

フレーバーランキング
1位:ストロベリークリーム
2位:チョコレートスムース
3位:バニラ
4位:ノンフレーバー

泡立ちが無いのは大変良いのですが、ダマができやすいです。シェイカーボールを使用してもダマが残ります。

フレーバーについては、この4つであれば、ストロベリーとチョコレートが断トツ人気だと思います。

トータルプロテインを選ぶ利点としては、満腹感が得られやすいことです。ダイエット中に、朝食をトータルプロテインに置き換えても良いでしょう。ガセインが含まれているので、摂取はトレーニング後以外の、起床時・就寝前・間食のタイミングがおすすめです。

ホエイプロテインに追加して、他のプロテインの摂取も考えているという方は、ぜひ試してみて下さい!

ここをクリック