満足度98.4%のセール速報LINE >>

【ヴァームダイエットの嘘】vaamの効果は?アミノ酸を飲めば痩せるわけではない

スポーツ飲料

こんにちは!Natsumi( @natsumi_dct )です。

あなたは、痩せる魔法の飲み物があったらどうしますか?

すぐに買う!と答えた方は、まだまだ脳が脂肪で出来ているかもしれません(笑)

辛口スタートとなった本記事ですが、痩せる飲み物、サプリメントに騙されることのない正しい知識をつけて頂けるような内容となっています。

本記事では、一時期ブームとなった「ヴァームダイエット」の真相に迫り、ヴァームは本当に痩せるのかというお話をさせて頂きます。

※商品を揶揄・否定するものではありません。

これだけは言わせて!
  • 飲んだだけで痩せる飲み物は存在しない
  • 運動ありきのダイエットをしよう

ヴァーム(VAAM)はmeijiの商品です

運動

ヴァームはmeijiから出ている17種類のアミノ酸をスズメバチアミノ酸混合物「V.A.A.M.」という理論で考えて商品化したものです。

17種類のアミノ酸
・プロリン
・リジン
・グリシン
・チロシン
・ステレオニン
・ロイシン
・バリン
・フェニルアラニン
・アルギニン
・イソロイシン
・アラニン
・グルタミン酸
・トリプトファン
・ヒスチジン
・セリン
・メチオニン
・アスパラギン酸Na

ヴァームのラインナップは大きく4つあります。それぞれ、500mlペットボトルやスティックパウダー、200ml缶などで展開されています。味もラインナップによって異なります。

ヴァームのラインナップ4種類
  • ヴァーム(グレープフルーツ味)
  • スーパーヴァーム(パイナップル味)
  • ヴァームダイエット(ピンクグレープフルーツ風味)
  • ヴァームウォーター(クリアアップル風味)

パウダースティックパック1袋あたりの成分は以下の通りです。

  ヴァーム スーパーヴァーム ヴァームダイエット ヴァームウォーター
エネルギー(kcal) 16 16 19 19
タンパク質(g) 3.0 3.1 3.0 1.5
脂質(g) 0 0.05 0 0
炭水化物(g) 1.0 0.8 2.9 3.2
食塩相当量(g) 0.002 0 0.5
※アミノ酸(mg) 3000 3000 3000 1500
  リジン 306 306 41 153
  スレオニン 208 167 28 104
  ロイシン 196 196 26 98
  バリン 167 167 22 84
  フェニルアラニン 154 154 77
  イソロイシン 144 144 19 72
  トリプトファン 109 109 15 54
  ヒスチジン 97 97 13 48
  メチオニン 19 19 2.6 10
  アルギニン 1200
  アラニン 570
  その他アミノ酸 1600 1600 590 800
コエンザイムQ10(mg) 30
L-カルニチン(mg) 200

「ヴァーム」と「スーパーヴァーム」はアミノ酸の成分が同じですが、スーパーヴァームにはコエンザイムQ10とL-カルニチンが配合されているのが特徴です。

コエンザイムQ10とL-カルニチンの効果
コエンザイムQ10は、細胞の抗酸化物質です。細胞に必要なエネルギーの産生にコエンザイムQ10を利用します。

L-カルニチンは、アミノ酸由来の物質です。長鎖脂肪酸をミトコンドリア内に運搬し、酸化(燃焼)することでエネルギーを産生します。さらに、生成された有毒な物質をミトコンドリアの外に運びだし、蓄積するのを防いでいる。脂肪酸を燃料として利用しているので、効率的な脂肪燃焼に効果があります。 

それぞれ単独でサプリメントを摂取する場合があることを考えると、摂取するのであればスーパーヴァームの方がオススメです。

「ヴァームダイエット」はアルギニンとアラニンを高配合している点でダイエット効果を目指す方を対象にした製品です。

アルギニンとアラニンには脂肪燃焼効果を高める効果があります。しかし、アルギニンの摂取目安量は1日2000~5000㎎です。ヴァームダイエットは1200㎎の配合量のため、それだけの摂取では不足しています。

どの製品も豊富な種類のアミノ酸を配合していますが、1つ1つの成分の配合量は少ないので、それだけでは足りないのではないかと思うのが実際のところです。

アミノ酸を摂取することで期待できる効果を解説

吸収

ヒトの身体のタンパク質を構成するアミノ酸は20種類あると言われ、その中で9種類が必須アミノ酸(EAA)、残りの11種類が非必須アミノ酸です。

必須アミノ酸(EAA)は体内で合成できないアミノ酸群で、非必須アミノ酸は合成できるアミノ酸群になります。そのため、必須アミノ酸は必ず体外から食事やサプリメントとして補わなくてはならないのです。

アミノ酸はタンパク質の構成物質です。私たちの身体を作り、活動を続けるために重要な働きをしています。

20種類すべて必要不可欠な成分ですが、具体的にどのような効果があるのかを簡単な表にして、まとめてみました。

効果 アミノ酸の種類
成長促進(筋力アップ) バリン、ロイシン、イソロイシン
疲労回復 バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、アスパラギン、グルタミン、アルギニン
脂肪燃焼 リジン、プロリン、アラニン、アルギニン、メチオニン
免疫力アップ(抗酸化) アルギニン、グルタミン
睡眠の質(安眠) GABA(γ-アミノ酪酸)、トリプトファン、グリシン、テアニン
肌再生(美容) プロリン、アルギニン、システイン

アミノ酸の中でもバリン、ロイシン、イソロイシンの3つを合わせて「BCAA」と言います。BCAAは肝臓で代謝されるのではなく、筋肉で代謝されるので、筋肥大やトレーニングには重要なアミノ酸です。

BCAA・EAAについては、こちらの記事で詳しく書いいますので、ぜひお読み下さい!

目的に合わせて活用しよう トレーニング中はEAAよりBCAAが良い!?アミノ酸の効果的な使い分け方を解説

ここをクリック

ヴァーム(アミノ酸)を飲めば痩せるわけではない

痩せない

アミノ酸のことをご理解頂けた上で、そろそろ本題に入ります。ヴァームを飲めば痩せるのか?ということです。

結論から言えば、飲んだだけでは痩せません。

人間は基礎代謝(生きているだけで消費するエネルギー)と運動代謝(運動した分のエネルギー消費)分しかカロリー消費できません。

痩せるためにはカロリー消費をしなければならないのです。

摂取エネルギーを減らす考えもありますが、極端なカロリー制限は筋肉量が落ちて基礎代謝が低下するので安易にお勧めはできません。

では、なぜヴァームが痩せると言われているのか?と言われているかということになりますが、消費者が誤解している可能性があります。

公式HPを見ると「痩せる」とは書かれていないんですよね。公式HPでは「スマートを目指す」とは書いているけど、痩せるとは書かれていない。言葉の揶揄かもしれませんが、大事なところです。

そもそもヴァームは自分の限界に挑むアスリート、好きなスポーツに打ち込む人、健康や美容のために運動を始めたい人を対象にしています。

つまり、積極的な運動ありきです。

ヴァーム(アミノ酸)には、運動による消費カロリーを後押しする働きはありますが、少し運動したからといって膨大なカロリーを消費できるわけではありません。

前述したように、ヴァームに含まれているアミノ酸量は決して多くはありません。その量で十分な効果がえられるかは疑問なところです。

ヴァームを飲んだだけで瘦せるとうような魔法の飲み物は存在しませんので、真面目に運動しましょうね!

ヴァーム(アミノ酸)は疲労を軽減し質の良い運動を誘導する

疲労軽減

アミノ酸がカロリー消費を後押ししてくれるとすれば、疲労を軽減し、運動の継続や運動の質を上げることにあります。

疲労感があると運動を続けることが大変になってしまいますよね?その疲労が軽減できるとしたらどうでしょうか?

アミノ酸(特にBCAA)には筋疲労の回復を早めてくれる効果があります。

疲労の軽減により1回の運動時間が伸びたり、週・月単位での運動回数が増やせる可能性が高まります。

ゲームで表現するなら自分のHPがヴァーム(アミノ酸)というアイテムによって少し増加するイメージですね!

また、ダイエット宣言、トレーニング宣言をしたものの、なかなか継続できない人は、トレーニング前にヴァーム(アミノ酸)を飲むことをルーティンにすることで運動スイッチを入れましょう!

今日はジムに行くのが嫌だなー。と思うことは私にもあります。そんな時はプレワークアウトドリンクを飲んでしまって、行かざるをえない環境(メンタル)にしちゃいます。

疲労感を軽減するだけでなく、気持ちの面でも運動スイッチを入れてくれるのでお勧めです。

ヴァーム(アミノ酸)を飲むタイミング

タイミング

ヴァーム(アミノ酸)は運動開始30分前から飲むことで血中濃度が高まり、運動中に効果を発揮します。BCAAは吸収が速いので運動中も積極的に摂取しましょう。

アミノ酸の中で脂肪燃焼効果が高いアルギニンは、脂肪燃焼効果を促進させるリパーゼの働きを活発にすることで体脂肪の分解を行います。

また、脂肪燃焼効果の高いサプリメントといえばカルニチンですが、カルニチンは、もともとリジンとメチオニンというアミノ酸から体内で合成されます。

これらの効果を得るためには、運動30分前から飲んでおくことがお勧めされています。

※カルニチンの体内での合成量は、20代をピークに徐々に低下しているとも言われます。そのためサプリメントでの摂取はオススメです。

ヴァームより優秀なオススメ飲料はBCAA・EAA

ランキング

マイプロテインから出ているBCAA・EAAはヴァームよりもアミノ酸の配合量が多いです。

BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)に至ってはヴァームの10倍、EAAは2倍近い成分量になっています。(1回あたりの摂取量で比較)

  ヴァーム BCAA(2:1:1) BCAA(4:1:1) EAA
バリン 167 1000 650 750
ロイシン 196 2000 2700 3000
イソロイシン 144 1000 650 750
リジン 306 920
フェニルアラニン 154 360
スレオニン 208 730
メチオニン 19 220
ヒスチジン 97 200
トリプトファン 109 230

こちらの記事はBCAA・EAAの効果や飲み方はもちろん、数あるフレーバーの中から何がお勧めか丁寧に説明されています!ぜひ味選びの参考にしてみて下さい。

Impact EAAレビュー マイプロテインEAA味ランキング!おすすめのフレーバーは?EAAプラス(錠剤)との違いや成分表も公開! BCAAラムネ味+シトルリンマレート マイプロテインのBCAA22種類をレビュー!味のおすすめは?作り方や飲み方も紹介

ここをクリック

ダイエットにも正しい知識が必要!デブメンタルは捨てよう

捨てる

飲んだだけで痩せるというような都合の良いドリンクは存在しません!

まずは運動習慣をつけて、さらに質の良い運動を継続したいときにアミノ酸は効果を発揮してくれるでしょう。また、アミノ酸を摂取したら運動せざるを得ないメンタルにするモチベーションとして利用するのもお勧めです。

ヴァームも悪くはないですが、マイプロテインのアミノ酸(EAAやBCAA)を知ると割高だと感じると思います。マイプロテインではセールを見極めることでアミノ酸も安く購入することができます。

マイプロテインのセール予想は下記の記事の方で行われていますので、チェックしてみてください。

マイプロテインのセール情報 マイプロテインのセール予想。安いのはいつ?買い時は「フラッシュセール」です

健康的に痩せるためには正しい知識が必要です。今回の記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

それでは、理想の体に向かって今日もナイストレーニングを!