満足度98.4%のセール速報LINE >>

マイプロテインのグラノーラバー2種を比較レビュー。甘さ控えめで物足りなさを感じる人もいるかも

こんにちは!設楽です。

今回はマイプロテインのグラノーラ バー「ミルクティー&ダークチョコレート味」「ミルクティー&ホワイトチョコレート味」2種を比較レビューします。

名前の通り朝食などで親しまれるグラノーラをイメージしたプロテインバーです。原材料にオーツ麦を多く使用し、サクサク食感のグラノーラ感を出しています。

タンパク質は11gか12gとプロテインバーの中では少ない部類ですが、カロリーは約170kcalと控えめに作られています。

味は、甘さ控えめです。お菓子っぽさを求めている人であれば少し物足りなさを感じるかもしれません。

生地のコーティングやクリスプ感は優しいです。重みはないので、パクパク食べれます。

生地がギュッとしたプロテインバーと比べたら満足度は低めです。

カロリー控えめで栄養素と味の観点から、ライトトレーニーの女性向けだなと思います。(それにしては栄養素が悪いですが…)

少し使いどころに悩むプロテインスナックと言えます。

ここをクリック

まとめ:マイプロテイン「グラノーラ バー」2種の総合評価(暫定)

マイプロテイン「グラノーラ バー」2種の総合評価

独断と偏見によるグラノーラ バー2種の総合評価

美味しさ:★★★☆☆
食感:★★★★☆
栄養:★★☆☆☆

 

2種とも甘さが控えめ。両方とも後味でミルクティーの香りがする。ミルクティー&ダークチョコレート味の方が濃い味がする。ザクザクというより優しいサクサク食感であり、重みを抑えた生地。ミルクティー&ホワイトチョコレート味の方が生地の食感が柔らかい。タンパク質はプロテインバーとしては少なく、他の栄養素も優秀とは言えない。1個あたりのカロリーは低めなので、あくまでライトミールかおやつとして用いるのが良い。不味くはないがお菓子っぽさが少し足りないと感じた。優しい甘さのお菓子が好きな方やライトトレーニーの女性向けのプロテインバー。

マイプロテイン「グラノーラ バー」2種を比較レビュー

ミルクティー&ダークチョコレート味をレビュー

ミルクティー&ダークチョコレート味をレビュー

甘味料 (マルチトール)、 オーツ麦 (16%)、 植物性マーガリン (パーム油、 菜種油、 水、 乳化剤 (グリセリン脂肪酸エステル)、ミルクプロテイン(酸カゼイン(乳成分)、 pH調整剤 (炭酸ナトリウム、リン酸水素ニナトリウム))、 ダークチョコレートフレーバートッピング(11%) (甘味料(イソマルト、 スクラロース)、 パーム油、 低脂肪ココアパウダー、 乳化剤 (大豆レシチン、グリセリン脂肪酸エステル))、 大豆クリスプ (11%) (大豆タンパク分離物、タピオカ澱粉、食塩)、 ホエイプロテイン (乳成分)、 ブラウンシュガー (砂糖、糖蜜)、 保水剤(グリセロール)、ゴールデンシロップ、 香料 、着色料(カラメル)

引用:マイプロテイン:グラノーラ バー

プロテインよりも食感を表現しているオーツ麦の方が多く含まれております。甘さを出すための甘味料も多いです。

タンパク質はミルクプロテインが主体。大豆クリスプも入っているので植物性プロテインも含まれています。クッキー生地の部分には、植物性由来のタンパク質も含まれています。

決して良い原材料が使われているとは言えませんが、砂糖を極力使わず、ブラウンシュガーを使用しているのは良い点です。おそらく味にコクを出すためと思われますが、ミネラルなどの栄養素が砂糖より多くはいっております。

他にも、甘さを甘味料出しているので、砂糖が入っている食べ物を控えたい方向けにも作られているんのでしょう。

ミルクティー&ダークチョコレート味の成分表と実食レビュー

ミルクティー&ダークチョコレート味の成分表と実食レビュー

  100gあたり 1食あたり(45g)
エネルギー 388kcal 175kcal
脂質 16g 7.1g
ー飽和脂肪酸 7.7g 3.5g
炭水化物 43.0g 19g
ー糖類 8.8g 3.9g
食物繊維 1.5g 0.7g
タンパク質 25g 11g
食塩相当量 0.69g 0.31g

1食(45g)あたり175kcalでP:11g F:7.1g C:19gとなっています。(糖類は3.9g)

タンパク質が11gとプロテインバーの中では、少ないです。良い点は、糖類が控えめであることでしょうか。

小ぶりであるのでカロリーも175kcalと控えです。

栄養素の観点から見るといまいちなので、あくまでおやつとして食べるのが良いです。

ミルクティー&ダークチョコレート味の断面の様子

ミルクティー&ダークチョコレート味の断面図です。

生地の中にグラノーラのようにクリスプが散りばめられているのが分かります。

ですが、ザクザクとするほど、食感は強めではありません。例えて言うなら市販のチョコ菓子クランキーのようなサクサク感です。

食感を求めるならレイヤードバーの方が満足感があります。

マイプロテイン:6レイヤープロテインバー マイプロテインのレイヤードプロテインバーの味ランキング!チョコレートサンデー味が美味しくなっている

始めはチョコ感がありますが、後から柔らかいミルクティーの香りがします。優しい甘さのチョコを感じたあとに、アクセントがあります。

甘さ控えめのチョコが好きな女性に合うだろうなと思う商品です。(人によっては甘みが足りないと感じると思います。)

ここをクリック

ミルクティー&ホワイトチョコレート味をレビュー

ミルクティー&ホワイトチョコレート味をレビュー

オーツ麦 (20%)、 甘味料 (マルチトール)、 植物性マーガリン (パーム油、 菜種油、 水、 乳化剤 (グリセリン脂肪酸エステル))、 ミルクプロテイン (酸カゼイン (乳成分)、 pH調整剤 (炭酸ナトリウム、 リン酸水素ニナトリウム))、 大豆クリスプ (9%) (大豆タンパク分離物、 タピオカ澱粉、食塩)、 ホエイプロテイン(乳成分) (7%)、 ブラウンシュガー (砂糖、糖蜜)、 保水剤 (グリセロール)、 ゴールデンシロップ、 ホワイトチョコレートフレーバートッピング(3%) (砂糖、 パーム油、 ホエイパウダー(乳成分)、 小麦粉 (小麦、 カルシウム、 鉄分、 ナイアシン、 チアミン)、 乳化剤 (大豆レシチン)、 香料)、 香料、着色料( カラメル)

引用:マイプロテイン:グラノーラ バー

ミルクティー&ダークチョコレートに比べると、オーツ麦が多く含まれています。サクサク感を強めに出すためでしょうか。

他はダークチョコレートフレーバートッピングではなく、ホワイトチョコレートフレーバートッピングが使用されている点です。かつ割合も3%と少なめになっています。

また、こちらは小麦粉が入っておりますので、アレルギーの方は注意しましょう。

ミルクティー&ホワイトチョコレート味の成分表と実食レビュー

ミルクティー&ホワイトチョコレート味の成分表と実食レビュー

  100gあたり 1食あたり(45g)
エネルギー 381kcal 171kcal
脂質 14g 6.2g
ー飽和脂肪酸 5.5g 2.5g
炭水化物 44.0g 20g
ー糖類 11g 4.9g
食物繊維 1.9g 0.8g
タンパク質 26g 12g
食塩相当量 0.70g 0.31g

1食(45g)あたり171kcalでP:12g F:6.2g C:19gとなっています。(糖類は4.9g)

ミルクティー&ダークチョコレートに比べ、カロリーや脂質が低くなっています。おそらくチョコレートフレーバートッピングの割合が少ないからでしょう。

代わりにオーツ麦が多いためか、糖類は高めになっています。

ミルクティー&ホワイトチョコレート味の断面の様子

ミルクティー&ホワイトチョコレート味の断面図です。こちらも、中身にクリスプが散りばめられています。

ダークチョコレート味との違いは生地の外側がチョコでコーティングされているのではなく、ソースのようにホワイトチョコレートがかかっているところです。

食べてみますと、ダークチョコレート味より食感が柔らかいです。しっとりさがこちらの方が上です。

サクサク感は少しこちらの方が強い気がします。

そして甘さも優しいです。ホワイトチョコらしさも控え目です。ホワイトチョコのミルク感あるからかミルクティーと合ってる感じがします。

個人的に好きですが、物足りなさもあります。甘党さん向けではないと思います。

ですが、食べやすいので、おやつ以外にも、忙しい時の朝食や軽食には良いと思います。

ここをクリック

グラノーラ バーは栄養成分はいまいち。女性向けの軽食やおやつ

グラノーラバー2種のまとめ
  • 朝食で食べるようなグラノーラより食感は弱い
  • 栄養素はいまいちなので、あくまで軽食やおやつとして
  • 甘さ控え目な味が好きな方、女性向け

朝食で牛乳をかけて食べるようなグラノーラより食感は弱めです。ただその分食べやすいです。

タンパク質は少なくプロテインバーとしては栄養素はいまいちです。小ぶりでカロリーは低めなので、朝食やおやつとして使いやすいでしょう。

甘さが控えめでプロテインバーらしい重みがある味ではありません。

女性や甘過ぎないお菓子が好きな方には嬉しい商品かと思います。

ここをクリック