満足度98.4%のセール速報LINE >>

【2019年12月18日~27日】クラウドファンディングに挑戦します!解決したい課題と今後と展望について

クラファンやります

こんにちは!小川(@result_blog)です。

私事ではありますが、この度クラウドファンディングに挑戦することにしました。

この記事では僕がクラウドファンディングと通じて実現したいことををお話させていただきつつ、クラウドファンディングの報告もさせていただきます。

ここをクリック

クラウドファンディングは12月18日(水)21時~27日(金)までの10日間!

クラファンスケジュール

今回の企画は12月18日(水)21時~27日(金)の【10日間】で行います。

日程をどう伝えようかな?と画像を作ってみたのですが、入れることが無さ過ぎて自分でも「これ必要かな?」と思っています。(笑)

2019年締めの企画は、新たな挑戦として「クラウドファンディング」にチャレンジして、その記録をこの記事に残します。

もし興味を持っていただけましたら、ご支援いただけますと幸いでございますm(_ _)m

ここをクリック

クラファンの開始告知や途中経過はLINEグループで共有します。是非ご参加を!

今回のクラウドファンディングの経過は別途用意させていただいたLINEグループの方で共有させていただきます。

「LINEオープンチャット」という匿名参加可能なグループとなっていますので「支援しても良いかな」と思ってくれた方は是非ともご参加くださいm(_ _)m

→ グループの参加は締め切りました。

グループにご参加いただくことは面倒だと思います。

なので、このグループにご参加いただいた方は意識して優遇させていただきます。

オープンチャット参加者の優遇
  • 企画開始時に最優先でご案内(数量限定のリターンを逃さない)
  • 新たなリターンが追加された場合、最優先で告知
  • 今後、関連する新たな企画開始時に最優先でお知らせ(他の農家さんからの直販売など)

などなど、この企画に関連する告知を最優先でお知らせさせていただきます。

  • 今回のクラウドファンディングに興味を持ってくださった方
  • 生産者と近い距離でのやり取りに興味のある方

は是非ともご参加ください!

→ グループの参加は締め切りました。

オリジナルTシャツを作りたいと思ったものの「何か意味のあることをしたい」と思った

前置きが長くなってしまったのですが「今回、なぜクラウドファンディングに挑戦しようと思ったのか?」順を追って説明させていただきます。

プロジェクトのキッカケ

今回のプロジェクトをスタートさせるキッカケとなったのは「僕の欲望」です。

普段使いできるようなオリジナルのTシャツが欲しいなと思ったのですが、やや性格に難がある僕は…

Tシャツを作りたいと思った時に思ったこと
  • 自己満足のためにTシャツを作るのはどうなんだろうか?
  • せっかく作るのだから、共有してみたい
  • でも、単にTシャツを作って売るのは何か違うな…
  • どうせやるのであれば、意味のあることがしたい
  • 関わってくれる人が1人でもいるのであれば、その人と楽しくやりたいな

と考え、単にTシャツを作って売るという形ではない方法で僕にできることをやろうと思ったのです。

「筋肉」と「食事」の関係から農業に興味を持つ

このブログではプロテインをはじめとする各種サプリメントのレビューをしていますが、基本スタンスは「サプリメントよりも食事の方が重要」・「とは言え、食事で全てを補うのは難しいのでサプリメント類を上手に使おう」です。

この考えは経験すればするほど確信を持つようになっている部分で、デカい人ほど「食事の重要性」を語っているんですよね。

実際、僕も食事から摂る栄養素を意識するようになってから身体も扱う重量も変わってきている実感があります。(まぁ、サプリメントもソコソコ摂っていますが…)

非常に当たり前のことではあるのですが【食べているものが身体を作る】というのは事実なんですよね。

本格的に身体作りをするようになってから「食事」の重要性に気付いた僕は「農業」にも興味を持ったのですが、農業のハードルの高さは異常で、参加するキッカケを持てずにいました。(後回しにしていたというのもあります。)

唐突に奇跡みたいな話なのですが、妻の実家で稲作をやっているとのことだったので「お手伝いできることは何でもします!」と稲刈りを手伝わせてもらったのです。

※2019年9月に稲刈りを手伝いに行った内容をまとめた動画です。(この動画は結婚式で使う予定だった素材を編集して作っています。)

稲刈りの経験で「小規模米農家の問題点」を知る

稲刈りを手伝わせていただいたタイミングでお義父さんから色々とお話を聞かせていただき、兼業米農家の問題点を知りました。

兼業米農家の問題点

問題点1:後継者不足

農業に携わる人口の減少と高齢化は年々進んでいます。

兼業農家をされている方の中には農業を営んでいた親が倒れて、急遽、兼業農家になる必要が迫られたという方も少なくありません。その場合、農業のノウハウが上手く伝達されていません。

稲作の場合、1年でも休んでしまうと(休耕田にしてしまうと)元に戻すのは難しいと言われているので簡単に「やめる」という選択ができません。

先祖代々の土地を守るために兼業農家という選択をされている方も多いです。

問題点2:時間不足

兼業で農業をされている方は本業があるため、限られた時間で農業に取り組む必要があります。(平日の朝と夕方、週末ぐらいしか時間を作れません。)

付きっ切りというわけにはいかないので、無農薬で育てるなどの手間をかけて品質を高めるということにも限界があります。

問題点3:万年赤字

そして最大の問題点は「万年赤字」であることです。

小規模農業の特徴は「多くの経費が掛かり、収入が少ないこと」です。

あまりイメージできないかもしれませんが「100万円の売り上げを作るために150万円の経費をかける」ということが日常的に行われている世界です。

農機具は僕らが想像している以上に高額でメンテナンス費用も高いです。

稲刈りをするコンバイン1台で数百万円~1千万円ぐらいは普通にします。

コンバインの価格

しかも、この機械を使うのは年間を通じて稲刈りの時だけ。(田植え機も似たようなもので、高価な機械&使うタイミングは限られています。)

細かい計算を省いてしまいますが、田んぼを1枚やるのと2枚やるのとでは「かかる経費や手間はほぼ同じで、収入は倍違う」という計算になるのです。

業界の構造上の問題を直接取引で解決できないか?

農家が抱える問題点をアイデアで解消できないか?と考えたのが今回のプロジェクトに繋がります。

お米の流れ

一般的なお米の流通ルートは

  1. 各農家が収穫し、農協に納める
  2. 農協が全国に流通させる
  3. そのお米を消費者が購入する

といった感じです。

この仕組みは非常に合理的で効率的なのですが、生産と販売が分離されてしまっていることが小規模で農業をやっている人達にとっての障壁となっています。(売上をあげるためには量を販売するしかないため)

しかも、農協さんが農家さんから買い取るお米の金額は決して高いとは言えません。

全農新潟の生産者仮渡金単価(単位:60kg、1等基準、包装代込み)

  地区 区分 1等
コシヒカリ 一般 JA米 10,000
魚沼 JA米 18,000
岩船 JA米 10,000
佐渡 JA米 10,000
こしいぶき JA米 8,000
その他うるち 一般米 7,000
五百万石 JA米 10,000
たかね錦 JA米 10,000
越端麗 JA米 10,000
一本〆 一般米 10,000
こがねもち(契) JA米 10,000
わたぼうし(契) JA米 10,000
こがねもち(一般) JA米 7,000
わたぼうし(一般) JA米 7,000
その他もち 一般米 7,000
陸もち 一般米 5,000
加工用米   4,400

2等格差はコシヒカリ・醸造用米▲1,500円、その他▲1,000円。

引用:米穀データバンク/集荷価格一覧

新潟県産コシヒカリであれば高くて60kg10,000円となっています。

やりたいこと

そこで思ったことは「なるべく近い距離で取引をすることで、生産者にとっても消費者にとっても良い形を生み出すことができるのではないか?」ということです。

これは恐らく直感的に理解していただける話だと思います。

ただ、多くの方にとっての問題は(僕がそうだったように)「生産者との繋がりがないこと」です。

最初のつなぎ役をやります

そこで今回、クラウドファンディングを通じて最初のつなぎ役ができればと考えています。

今回のプロジェクトを1つの実績にしたい

自分で言うことではないですが、今回のプロジェクトの規模は非常に小さいです。

どう考えても現実を変えるだけのインパクトはありません。

…だからと言って「全くの無意味」とも考えていません。

今回のプロジェクトを1つの実績にしたい

「生産者と直接繋がってみたい消費者がたくさんいる」ということが分かれば、「自分も参加してみたい」という生産者の方が出てきて、その輪が広がると考えています。

実際、今回の企画を始める前に「クラウドファンディングをやろうと思います」と言ってみたところ、並木精肉店さんに声をかけていただき、一緒に企画を行うこととなりました。

イベリコ豚ベジョータ 蒲焼豚丼の具 500g入 並木精肉店からいただいた「イベリコ豚ベジョータ 蒲焼豚丼の具 500g入」をレビュー。これが豚肉の本気だ!【PR】

(今回は急な話だったので、既製品を提供していただく流れとなりましたが、身体作りに励んでいる方向けのお肉セットとか開発してみたいなと考えています。)

今回のプロジェクトを通じて、こういった繋がりを増やしていきたいです。

クラウドファンディングを通じて得られる小川のメリット

今回の企画を通じて得られるメリットはたくさんあると考えています。

生産者の方と繋がることができることができれば、僕自身の生活が楽しくなりますし、読者さんに繋がりを紹介することができます。

それに加えて、僕自身が欲しいと思っているオリジナルTシャツなどを作る機会&販売する機会を設けることができるからです。

オリジナルグッズに関しては、興味を持ってくださっている方はそれほどいないと思いますが、ようやく形にできるかも!と考えるとニヤニヤが止まりません。(笑)

一人で完結する形ではなくて、人と関わりを持って物を作るという過程に興奮しています。

ご支援いただいた方は全員、この記事にクレジット表記させていただきます。

この記事ではクラウドファンディングに挑戦する理由と挑戦している過程を全て公開したいと考えています。(仮に失敗したとしても)

そして後述するリターン説明の段落では、ご支援いただいた全ての方のお名前を記載させていただきます。(法人名、団体名、ニックネーム可。全角20文字以内でお願いします。)

クレジット表記はリターンごとに先着で記載させていただきます。

オプションの「備考欄」を必須としていますので、そこに記載するお名前をお書きください。

リターンの説明とご支援者様

1:【20名様限定】新潟県産コシヒカリ 10kg 5,000円

新潟県産コシヒカリ10kg5,000円

200kgしか用意できなかったので、20名様限定で【10kg:5,000円】で提供させていただきます。

※サイト手数料と送料込みの値段です。

※オプションで「精米」か「玄米」を選べます。

※収穫したお米は色彩選別機にかけてはいるのですが、除去しきれずに黒くなっているお米が混じっている可能性があります。(そのまま食べても問題があるわけではありません。)

このお米は僕も収穫を手伝わせてもらったお米です。(収穫の様子は動画にまとめています。)

…こう書くと「結局、自分家のお米を何とかしたいんでしょ?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

ただ…

  • クラウドファンディングでお米を売ってみたいです!
  • 売れるか売れないかはわかりませんが、お米200kgの準備お願いします!

と言った無茶なお願いは距離が近くないとできません。

今回の企画を通じて「たくさんの人に求められている」ということが分かれば、次回は更に量を確保することができますし、他の農家さんにも声をかけることができると考えています。

ちなみに、このお米は美味しいですよ!

美味しさを伝えるのは難しいのですが…

  • 一粒一粒が立っていて、甘みを感じる
  • 炊き込みご飯などには使わずに、ぜひ白米として食べて欲しい

と言った感じです。

お米のご支援者様
  1. しゅとー 様
  2. 岩田よしあき 様
  3. 和田 龍吉 様
  4. 匿名希望 様
  5. 藤岡 久仁章 様
  6. 青柳 竜 様
  7. 菅智晃 様
  8. フジップリン 様
  9. 食品関連店舗コンサルタント設楽 様
  10. ultra_happy_j 様
  11. シャクレル@筋肉パンダ 様
  12. koki@筋次郎 様
  13. 相羽みう 様
  14. 並木建造 様
  15. めばる 様
  16. ゆーすけ@仙台30 様
  17. えのき SNS:Twitter(@enoki311) 様
  18. 和田 龍吉 様
  19. 和田 龍吉 様
  20. 和田 龍吉 様

2:【30名様限定】イベリコ豚ベジョータ 蒲焼豚丼の具 500g入 4,000円

イベリコ豚ベジョータ 蒲焼豚丼の具 500g入

今回のプロジェクトに賛同いただいた「並木精肉店」様より「イベリコ豚ベジョータ 蒲焼豚丼の具 500g入」をご提供いただきました!

こちらは普段、業務用として販売されているもので、市場には流通していません。

冷凍状態で届き、10分程度湯煎するだけで美味しく食べることができることができます。お米との相性は抜群です!(マクロは悪いですが…)

こちらは30名様限定で【500g:4,000円】で提供させていただきます。

※サイト手数料と送料込みの値段です。

詳しいレビューはコチラからご確認いただけます!

イベリコ豚ベジョータ 蒲焼豚丼の具 500g入 並木精肉店からいただいた「イベリコ豚ベジョータ 蒲焼豚丼の具 500g入」をレビュー。これが豚肉の本気だ!【PR】

(控え目に言って、めちゃくちゃ美味しかったです。。。!)

お肉のご支援者様
  1. 岩田よしあき 様
  2. 青柳 竜 様
  3. 菅智晃 様
  4. 牛さん 様

3:クラウドファンディング限定オリジナルTシャツ 1枚3,500円

クラウドファンディング限定オリジナルTシャツ

ドイツ在住のデザイナーさんにデザインしていただいた、オリジナルTシャツを用意させていただきました。今回のプロジェクト限定デザインとなります。

完全オリジナルデザインで、カラー展開は「ナチュラル」・「サンドカーキ」・「ホワイト」の3色です。

サイズはメンズサイズでS、M、L、XLの4展開となります。(一般的なTシャツと同じサイズです。)

※身長178cm、体重74kgの小川でMサイズがちょうど良いぐらいです。

Tシャツのサイズ表

こちらは【1枚3,500円】で提供させていただきます。

※サイト手数料と送料込みの値段です。

※オプションからご希望のカラーとサイズを選択ください。

Tシャツのご支援者様
  1. 鷹旦那 様
  2. Natsumi 様
  3. 藤岡 久仁章 様
  4. 菅智晃 様
  5. フジップリン 様
  6. ケビン 様
  7. じじお SNS:Twitter(@jiji_o)様
  8. ブロッコリーマン 様

4:あずま袋 or 手ぬぐい 1枚2,000円

手ぬぐい or あずま袋

(※上記は紙での試作品となります)

手ぬぐい

(※サイズは約34×86cm)

クラウドファンディングの趣旨に賛同いただいたTakaeさんにデザインしていただいた手ぬぐい&あずま袋です。(あずま袋は手ぬぐいを袋型に加工したものです。)

お米の収穫動画から得たインスピレーションで、オリジナルデザインを作成していただきました。

こちらは【1枚2,000円】で提供させていただきます。

※サイト手数料と送料込みの値段です。

※オプションから「手ぬぐい」か「あずま袋」を選択ください。

手ぬぐいorあずま袋のご支援者様
  1. 菅智晃 様
  2. えのき SNS:Twitter(@enoki311) 様

5:オリジナルステッカー 2枚1,000円

オリジナルステッカー

こちらもTakaeさんにデザインしていただいたステッカーです。

オリジナルのお米袋を作ろうかと思ったのですが、コスト面で断念…orz

せっかくなのでステッカーにしてリターンにさせていただくことにしました。

こちらは【2枚1,000円】で提供させていただきます。

※サイト手数料と送料込みの値段です。

オリジナルステッカーのご支援者様
  1. 菅智晃 様
  2. フジップリン 様

6:ただ全力でサポートしたい!! 1,000円

ただ全力でサポートしたい!

モノは要らないけどサポートしたいという粋な方向けのリターンです。

企画終了後にメールでのお礼メッセージを送らせていただきます。

サポートいただいたご支援者様
  1. 菅智晃 様
  2. フジップリン 様
  3. hachi1919 様
  4. 齋藤章浩 様
  5. あきえ 様

7:【法人向け】郵送する全てのリターンの郵送物の中にチラシを入れられる権利+リザルトブログでの記事紹介

法人向けリターン

法人向けのリターンとして用意させていただきました。

今回のプロジェクトで郵送する全てのリターンを発送するタイミングでA4チラシ1枚を同封する権利を提供します。(チラシは各自ご用意いただく必要があります。)

加えてリザルトブログでレビュー記事(PR表記有り)も書かせていただきます。

※レビュー例

イベリコ豚ベジョータ 蒲焼豚丼の具 500g入 並木精肉店からいただいた「イベリコ豚ベジョータ 蒲焼豚丼の具 500g入」をレビュー。これが豚肉の本気だ!【PR】

僭越ではありますが、内容によってはお断りすることもありますので、お申込みいただく前にTwitterLINEからご連絡いただけますと幸いでございます。

こちらは【5社限定で30,000円】で提供させていただきます。

法人向けリターンご支援者様

【再掲】クラウドファンディングは12月18日(水)21時~27日(金)の10日間!

今回の企画は12月18日(水)21時~27日(金)の【10日間】で行います。

ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!!

ここをクリック

【再掲】クラファンの開始告知や途中経過はLINEグループで共有します。是非ご参加を!

今回のクラウドファンディングの経過は別途用意させていただいたLINEグループの方で共有させていただきます。

「LINEオープンチャット」という匿名参加可能なグループとなっていますので「支援しても良いかな」と思ってくれた方は是非ともご参加くださいm(_ _)m

→ グループの参加は締め切りました。

グループにご参加いただくことは面倒だと思います。

なので、このグループにご参加いただいた方は意識して優遇させていただきます。

オープンチャット参加者の優遇
  • 企画開始時に最優先でご案内(数量限定のリターンを逃さない)
  • 新たなリターンが追加された場合、最優先で告知
  • 今後、関連する新たな企画開始時に最優先でお知らせ(他の農家さんからの直販売など)

などなど、この企画に関連する告知を最優先でお知らせさせていただきます。

  • 今回のクラウドファンディングに興味を持ってくださった方
  • 生産者と近い距離でのやり取りに興味のある方

は是非ともご参加ください!

→ グループの参加は締め切りました。

最後に

大会参加時

2016年11月から筋トレを始めて、その記録を残すために始めたのが「リザルトブログ」です。

100%「自分のため」に始めたブログではありますが、情報発信をすることで多くの人と出会うことができて心と身体を成長させることができています。

僕の人生が人様との出会いによって大きく変わったことで、僕自身も「少しでも役立つ人間になりたい」と思うようになりました。(こういったプロジェクトを立ち上げるような人間ではなかった…と自分自身が一番驚いています。)

現時点で僕の手が届く範囲は非常に狭いですが、小さな活動が大きな流れを生み出すと信じてできることをやっていければと考えています。

協力、支援して下さる皆さまに精一杯リターンをしますので、どうぞよろしくお願い致します!

ここをクリック