満足度98.4%のセール速報LINE >>

マイプロテインのプロテインスプレッドをレビュー。パンに塗ると美味しい!…が、使用シーンが限られる

こんにちは!設楽です。

今回は、トレーニング中でも食事の楽しみを増やせるようになる「プロテイン スプレッド トリオ ボックス」をレビューします。

市販のスプレッドと比べ、低糖質なのに美味しいです。

各フレーバーともミルク感があり、遜色ない商品です。タンパク質量は一食当たり3.1gと、決して多くはないですが、タンパク質も一応摂取可能です。

使うシーンが限られる気もしますが、パンには塗る物は欠かせない方(ビギナーのトレーニーさん)、「チートデイ」や「リフィード」を行う際、甘いものを楽しみたい時におススメできます。

ここをクリック

リフィードって何??という方は、こちらをご覧ください。

チートデイは嘘? チートデイは嘘?より効果的な「リフィード」がオススメ。最適な糖質量もお教えします。

マイプロテインのプロテインスプレッドとは?

公式HPでは以下の様に説明されています。

商品概要

プロテインスプレッドが気に入ったなら、ぜひトリオボックスをお選びください。プロテインスプレッドは、あなたが日常必要とするタンパク質を美味しく摂取するのに最適です。そして、このトリオボックスなら、3種類の味を同時に楽しむことができます。

特徴

・通常のスプレッドに代わる最高の一品
・ホエイプロテインの良い補給源
・スーパーマーケットで売られている市販品に比べ 87% 糖類オフ
・3種類全てのフレーバー入り

選ぶ理由

100gあたり21gのタンパク質を含有しながらも一般的な商品よりも87%の糖類をカット。甘党の方にも楽しんでトレーニング目標を達成していただけるよう作られた、理想的なスプレッドです。

また、上質なホエイプロテインを濃縮して作られているため、理想とする強いカラダづくりやその維持を手助けするタンパク質としてぴったりです。1

ミルクチョコレート、チョコレートヘーゼルナッツとホワイトチョコレートの3種類のトリオ ボックスです。 ダイエット中でも、甘いおやつのために追加のトレーニングをすることなく召し上がっていただけます。

1. タンパク質は強いカラダづくりや維持に貢献します。

利用目安
プロテインス プレッド トリオ ボックスの摂取タイミング目安
いつでもお楽しみ頂けます。サンドイッチ、トースト、パンケーキはもちろんお菓子作りの際にもより楽しんでいただくのにぴったりです。タンパク質摂取を手助けするのに最適です。
もちろん、スプーンですくってそのままお召し上がりいただいても構いません。

プロテイン スプレッド トリオ ボックスの有効性
美味しいプロテイン スプレッドをもっと楽しみたいですか? 小腹が空いた際や移動中のスナックに理想的で、持ち運びに便利なプロテイン ディップ ポットがお勧めです。

召し上がる前に混ぜておきます。冷蔵したり凍らせたりしないでください。直射日光の当たらない、乾燥した涼しい場所で保管してください。開封後は、4週間以内に召し上がってください。ビーガンの方にも最適な商品です。
注意:過剰に摂取すると、お腹が緩くなる可能性があります。

引用:マイプロテイン「プロテイン スプレッド トリオ ボックス」

プロテインという名称がついている商品ですが、タンパク質を取るというよりも罪悪感なく食事を楽しむという位置づけだと思いました。

巷に売られているスプレッドより87%の糖類をカットという点から、甘い物はやめれない!という悩みを手助けしてくれるのではないでしょうか。

トレーニング・ダイエットをしているけど、甘党の方には嬉しい商品ではないかと思います。

難点としては、説明書きの通り、サンドイッチ、トースト、パンケーキなど食事の主体となるものが必要なことです。

箱を開けると1列できれいに、くぼみにはまって入っています。トレーニングが好きな知り合いがいれば、ギフトにも良い見た目である気がしました。

左から、「チョコレート ヘーゼルナッツ」「ホワイトチョコレート」「ミルクチョコレート」味です。

箱を裏返すと絵で食べ方の記載がしてありました。

…正直、一番左以外の食べ方しかしない気がします(笑)

プロテインスプレッドの原材料は意外とシンプル!!

チョコレートヘーゼルナッツ味: 甘味料(マルチトール)、ホエイプロテインコンセントレート(22%)(乳)、サンフラワーオイル、 ヘーゼルナッツ (11%)、 甘味料入りホエイパウダー(乳)、除脂肪ココアパウダー(7%)、ココアバター、ココナッツオイル、乳化剤 (ヒマワリ レシチン)、天然香料

アレルギー物質は太字を参照。 アーモンドを含む可能性があります。 ナッツアレルギーをお持ちの方はお控えください。

ミルクチョコレート味: サンフラワーオイル、甘味料(マルチトール)、 ホエイプロテインコンセントレート(22%) (乳)、全脂粉乳 (13%)、ココアバター、低脂肪ココアパウダー(6%), カカオマス, ココナッツオイル、乳化剤(ヒマワリレシチン)、天然香料

アレルギー物質は太字を参照。 ヘーゼルナッツとアーモンドを含む可能性があります。 ナッツアレルギーをお持ちの方はお控えください。

ホワイトチョコレート味: ホエイプロテインコンセントレート(28%)(乳)、甘味料 (マルチトール)、油(菜種油、 パームオイル)、甘味料入りトホエイパウダー(乳)、 乳化剤 (ヒマワリレシチン)、天然香料

アレルギー物質は太字を参照。 ヘーゼルナッツとアーモンドを含む可能性があります。 ナッツアレルギーをお持ちの方はお控えください。

引用:マイプロテイン「プロテイン スプレッド トリオ ボックス」

タンパク質は各フレーバーWPCで構成されているようです。ホワイトチョコレートが一番多く含まれているようですね。

甘味は、糖アルコールであるマルチトール。砂糖に抵抗がある方には嬉しいですね。乳化剤がヨーロッパでもよく使われているヒマワリレシチンなので許容範囲といったところ。

甘い物はいろいろと原料が入っているイメージですが、3種とも少なくシンプルな構成なのが良いです。

ここをクリック

プロテイン スプレッドの成分表

ホワイトチョコレート味の成分表

  100gあたり 1食あたり(15g)
エネルギー 540 kcal 81 kcal
脂質 40 g 6.0 g
ー飽和脂肪酸 10 g 1.5 g
炭水化物 33 g 5.0 g
ー糖類 6.8 g 1.0 g
食物繊維 0.1 g 0.1 g
タンパク質 22 g 3.2 g
塩分相当量 0.22 g 0.03 g

1食(15g)あたり81kcalでP:3.2g F:6.0g C:5.0gとなっています。糖類は1.0gです。(成分表の記載がパッケージにしか書かれていないので、写真が2枚になりすいません。)

この商品の特徴とされているよう、甘い物としては糖質が低めです。

巷のスプレッドには、ほとんど含まれていない、たんぱく質は3.2g摂取できます。

チョコレートヘーゼルナッツ味の成分表

  100gあたり 1食あたり
エネルギー 519 kcal 78 kcal
脂質 41 g 6.1 g
ー飽和脂肪酸 12 g 1.7 g
炭水化物 29 g 4.4 g
ー糖類 5.9 g 0.9 g
食物繊維 2.5 g 0.4 g
タンパク質 21 g 3.2 g
塩分相当量 0.20 g 0.03 g

1食(15g)あたり78kcalでP:3.2g F:6.1g C:4.4gとなっています。(糖類は0.9g)

そこまで大差はないですが、ホワイトチョコレートよりも、若干脂質が多く、糖質が少ないです。

ミルクチョコレートの成分表

  100gあたり 1食あたり(15g)
エネルギー 519 kcal 78 kcal
脂質 37 g 5.6 g
ー飽和脂肪酸 8.6 g 1.3 g
炭水化物 33 g 5.0 g
ー糖類 7.3 g 1.1 g
食物繊維 2.7 g 0.4 g
タンパク質 21 g 3.1 g
塩分相当量 0.20 g 0.03 g

1食(15g)あたり78kcalでP:3.1g F:5.6g C:5.0gとなっています。(糖類は0.9g)

こちらもそこまで大差はないですが、他と比べて若干脂質が少ないです。

些細な栄養素まで気にするのなら、炭水化物が少ないヘーゼルナッツチョコレート味。または、脂質が少ないミルクチョコレートを選択するのが良いでしょう。

ここをクリック

マイプロテインのプロテインスプレッドを実食レビュー!

蓋を開けると金色のフィルターがついております。市販のインスタントコーヒーと同じような作りです。

ホワイトチョコレート味は、チョコの色にムラはなく、統一された白色です。

香りは若干するかな?という程度。

こちらは、チョコレートヘーゼルナッツ味。少し油分が浮き上がっている様子が伺えます。

こげ茶の色合いをしています。

最後に、ミルクチョコレート味。チョコレートヘーゼルナッツ味よりも色が薄めですね。

おそらくミルク(全脂粉乳)が多く入っているからでしょうか。

並べて見ると、色の違いがはっきり分かります。

やはり、チョコレートヘーゼルナッツ味は、油分が浮かび上がっているような気がしますね。ヘーゼルナッツに含まれている脂質が成分として出ているのでしょう。

各種フレーバーをフランスパンに塗って食べてみました。

ホワイトチョコレート味のレビュー:パンになじんで美味しい!

日本で販売されているホワイトチョコと引けを取らないくらいの味です。とても美味しい!

フランスパンと非常に合います。チョコ感が控えめでなじんている味がします。噛みしめているとバニラの風味がフワッと感じます。

個人的に一番美味しいです。

ただ、あまりやらないと思いますが、単体で食べると油っぽさを少し感じるかもしれません。ホワイトチョコの味を出すために、ココア感を控えめにしているからかと思います。

なので、あっさりとした味わいのパンやクラッカーなどにつけて食べたほうが美味しく感じられるかと思います。

チョコレートヘーゼルナッツ味のレビュー:ナッツの香りがアクセント

チョコの味わいに加えて、ナッツの香りをかなり感じます。ガツンとして甘さよりも、香りを嗜める味わい。女性が好きそうな味です。

ホワイトチョコやミルクチョコレートに飽きた方への異なるラインナップとして良い商品だと思います。また、スプレッドの粘度がミルクチョコよりも、少し緩めな気がしました。

ミルクチョコレート味をレビュー:濃厚なミルクチョコで甘党さんにおススメ

濃厚なチョコの味です。こちらも普通に美味しいです。チョコレートを少しクリーミーにしたかなという味わい。コーヒーにミルクを加えたと言ったらよいでしょうか。

油感は感じるが、甘さはしつこくありません。これは間違えなくトーストに合うでしょう。甘党の方、お子さんにも好まれるかと思います。

ここをクリック

味は間違いなく美味しいが、使うシーンに悩むかも。。。

どれフレーバーも遜色ない味だと思いました。何も言わず出されたら、市販のチョコスプレッドと間違えるぐらいの美味しさです。

順番をつけるとしたら…

  1. ホワイトチョコレート味
  2. チョコレートヘーゼルナッツ味
  3. ミルクチョコレート味

です。

個人的な好みとしてチョコの味が強いお菓子をそこまで好きではないので、この順番でした。

チョコ好きな方でしたら、1位と3位がひっくり変えるかもしれません。

また、この商品の難点ですが、栄養的にも食事的にもトレーニーが使うにはシーンが限られます。たんぱく質もさほど多くなく、脂質も多いので、トレーニングの栄養補給としては正直向いていません。

ただ、朝にパンを食べる時、スプレッドを塗るのは必須!という方やトレーニングをしているけど、そこまで食事管理をするほどでない!という方、家族に少しでも身体に良いものを食べて欲しいと考えている方には良い商品と言えます。

甘党のトレーニーさんであれば、食事の楽しみを増やしてくれることでしょう。

市販されているスプレッドを使っているのであれば、代用してみることをお勧めします。

ここをクリック