満足度98.4%のセール速報LINE >>

マイプロテインの「プロテインブレイクバー」をレビュー。まるでキットカット!味は美味しいが成分表はイマイチ…

プロテインブレイクバーの断面の様子

こんにちは!小川(@result_blog)です。

この記事では2019年11月に新発売された「プロテインブレイクバー」をレビューします。販売されているフレーバーは「チョコレート味」のみです。

成分表はイマイチではありますが、市販のお菓子に負けないぐらいの美味しさです。

見た目はキットカットですが、味はビックリマンチョコに近いです。マイプロテインの「プロテインウエハース:チョコ味」をミルクチョコレートでコーティングした味がします。

ここをクリック

マイプロテインのプロテインブレイクバーとは?

マイプロテインのプロテインブレイクバー

公式HPでは以下の様に説明されています。

商品概要

本物のミルク チョコレートとウェハースで作られた、食欲を満たす甘いスナックです。英国市販の同様な製品と比較し、2倍以上のタンパク質を含んでおり、トレーニングのために最適な商品です。

特徴

・本物のミルク チョコレートを使用
・英国市販の商品より90%以上の糖類オフ
・英国市販の商品より2倍以上のタンパク質
・グルテン フリー

選ぶ理由

軽くおいしいチョコレートの風味が味わえるマイプロテインの低糖類プロテイン ブレイク バーは、英国市販の商品より90%以上糖類を抑え、どのような生活スタイルの方にも日々のおやつとしてお勧めできます。

おいしく健康の目標に近づくことができる商品です。強いカラダづくりと維持に必要な1日のタンパク質摂取量を満たすのに役立ちます1。

利用目安

プロテイン ブレイク バーの摂取タイミング目安
食べたい時に、またはワークアウト後に手軽にタンパク質を摂取したい時に最適な甘いおやつです。

プロテイン ブレイク バーのおすすめ摂取方法本商品はバッグに入れて甘いものが食べたくなった時のために最適ですが、ワークアウト後のタンパク質補給には、マイプロテインのImpact ホエイ プロテインをお試しください。一食あたりたったの103カロリーで、21gのタンパク質が摂取できます2。

引用:マイプロテイン「プロテインブレイクバー」

「プロテインバー」というよりも「プロテインスナック」の位置づけである商品です。(がっつりとタンパク質を補給するための商品というよりも、お菓子を食べるついでにタンパク質を少し摂るというコンセプトであると感じました。)

新商品ということもあって、まだレビューはほとんど登場していませんが、最近のマイプロテインスナックは味が良いものが多いため期待を持たれている方も多いのではないでしょうか。(僕もそのうちの一人です。)パッケージにもかなり力が入っているのが見てわかりますよね。

グルテンフリーで市販商品よりも糖類を押さえているという点は、健康ブームを意識しているように感じます。

ここをクリック

プロテインブレイクバーの成分表

プロテインブレイクバーの成分表

  100gあたり 1食(21.5g)あたり
エネルギー 526 kcal 113 kcal
脂質 39g 8.5g
ー飽和脂肪酸 24g 5.1g
炭水化物 37g 8.0g
ー糖類 4.2g 0.9g
食物繊維 1.3g 0.28g
タンパク質 16g 3.4g
塩分 0.30g 0.06g

1個(21.5g)あたり113kcalでP:3.4g F:8.5g C:8.0gとなっています。(糖類は0.9g)

見た目が似ている「キットカットミニ」と比較してみましょう。

キットカットの成分表

  1枚(11.6g)あたり 2枚(23.2g)あたり※計算値
エネルギー 64 kcal 128 kcal
脂質 3.7g 7.4g
ー飽和脂肪酸 2.2g 4.4g
炭水化物 6.9g 13.8g
ー糖類 5.2g 10.4g
食物繊維 0.3g 0.6g
タンパク質 0.83g 1.66g
塩分 0.008-0.027g 0.016-0.054g

大よそ2枚で重量は同じとなるので、2個分の成分表と比較してみます。2個(23.2g)あたり128kcalでP:1.66g F:7.4g C:13.8gとなっています。(糖類は10.4g)

プロテインブレイクバーとキットカットの成分比較

  プロテインブレイクバー1枚(21.5g) キットカットミニ2枚(23.2g)
エネルギー 113 kcal 128 kcal
脂質 8.5g 7.4g
ー飽和脂肪酸 5.1g 4.4g
炭水化物 8.0g 13.8g
ー糖類 0.9g 10.4g
食物繊維 0.28g 0.6g
タンパク質 3.4g 1.66g
塩分 0.06g 0.016-0.054g

比較してみると脂質はプロテインブレイクバーの方が多かったです。その他の特徴としては糖類が少なく、タンパク質が多いです。

(糖質は炭水化物から食物繊維を除いたものです。糖類は糖質の中でも単糖類・二糖類の総称で、血糖値を急上昇させると言われています。)

プロテインブレイクバーの成分表は本格的なボディメイクをしている人からすると良いとは言えません。むしろ「悪い」です。

この製品のターゲットは「本格的なボディメイクをしている人」ではなく「お菓子も食べるけど、少しでも身体に良いものを食べたい人」と言えます。

そうなってくると大事なのは味ですよね。(成分がそれほど良くないのに、味が市販のお菓子に負けていたら選ぶ理由がないので。)

マイプロテインのプロテインブレイクバーを実食レビュー!

プロテインブレイクバーのサイズ感

プロテインブレイクバーのサイズ感はこちらとなります。

1箱16本入りで、箱のサイズはマイプロテインのミニシェーカーよりもコンパクトです。

プロテインブレイクバーを袋から取り出した様子

袋から取り出した様子です。縦と横に切れ目が入っており、4分割できるようになっています。当たり前ですが、チョコレートの良い匂いがします。

プロテインブレイクバーの断面の様子

断面の様子と裏面の様子です。パッケージ通り、中にはウエハースが確認できました。裏面は特に加工は無かったです。

口に含むとウエハースのサクサクした食感がやってきます。味は「キットカット」というよりも「ビックリマンチョコ」の方が近いです。マイプロテインの「プロテインウエハース:チョコレート味」をミルクチョコレートで包んだような味がします。

サクサクした食感の後にウエハースの味わいが広がり、最後にミルクチョコレートの甘みが口の中に残ります。後味に変な風味が残るようなこともありませんでした。

プロテインスナックとしてはもちろん、市販されているスナックと比べても負けないほど美味しいです!

成分表は悪いですが、間食としてキットカットなどのチョコレート菓子を食べているのであれば、プロテインブレイクバーに置き換えるという使い方はアリでしょう。

新商品なので価格は高めです。

大型セールを利用して半額近くで購入しても1本100円を下回るのはしばらく先の話となりそうですが、気づいたら値下げされているということもあります。(そのタイミングは逃さないようにしましょう。)

興味のある方はチェックしてみてください!

ここをクリック