満足度98.4%のセール速報LINE >>

マイプロテインの「クリームブリュレ味」をレビュー。カスタードクリーム感ほぼ無しの薄い脱脂粉乳の味だが工夫次第で美味しくなる【WPC】

こんにちは。現役和菓子職人の高下(こうげ)です。

今回はImpactホエイプロテインのワールドキッチンシリーズ「クリームブリュレ味」をレビューします。

溶けは良いですが、水で溶かしても牛乳で溶かしても、匂いも味もカスタード感はほぼ無しでした。

水で溶かすと甘さ控えめですが美味しくもまずくも無く微妙な味で、牛乳で溶くと濃厚なココナッツミルクの味ではっきりとした味になるので牛乳で溶くことをオススメします。

水で溶くと微妙ですが、工夫次第で美味しくなるフレーバーです。

ここをクリック

注意
この記事は高下さんに書いていただいた記事に対して小川のレビューをプラスしています。

まとめ:Impactホエイプロテイン「クリームブリュレ味」の総合評価(暫定)

マイプロテインImpactホエイプロテイン「クリームブリュレ味」

記事が長くなってしまうので、最初に結論を掲載しておきます。あくまでも暫定ではありますがWPCクリームブリュレ味の評価は下記の通りです。

独断と偏見によるクリームブリュレ味の総合評価

溶けやすさ:★★★★☆

美味しさ:★★★☆☆

泡立ちは少なめで細かい泡なので溶けやすいが、牛乳で溶かすと多少ダマが残る。匂いはキャラメルポップコーンのようなにおい。味は薄い脱脂粉乳でカスタード感はほぼ無し、ミルクの風味がする。甘さは控えめ。250mlで溶かすと薄めなので、濃い目が好きな方は150mlがオススメ。水で溶くと美味しいわけでもまずいわけでもない微妙な味。牛乳で溶くと濃厚なココナッツミルクの味になってクリーミーになるが濃厚な割には後味がスッキリしている。

クリームブリュレは「カスタードプリン」に似たデザート

クリームブリュレは「カスタードプリン」に似たデザート

ウィキペディアでクリームブリュレを調べると「カスタードプリンと似たデザート」と出てきます。

クレームブリュレ(仏: crème brûlée [ˈkʁɛm bʁyˌle])は、カスタードプディングと似たデザート。フランス語で「焦がしたクリーム」という名称のとおり、カスタードの上面には、砂糖をグリルやバーナーで焦がした、硬いカラメルの層が乗っている。通常はラメキンの皿に卵液を流し込んで調理し、固まったカスタードの上に砂糖をふりかけて焦がし、器のまま冷して供される。

引用:ウィキペディア「クリームブリュレ」

焼きプリンのようなデザートをイメージしていただけると良いのかなと思います。

クリームブリュレ味の成分表を確認:タンパク質含有量は75%と少し控えめ

クリームブリュレ味の成分表を確認

項目 100g当たり 1食分あたり(25g)
エネルギー(kcal) 387kcal 97kcal
脂質(g) 5.9g 1.5g
一飽和脂肪酸(g) 3.5g 0.9g
炭水化物(g) 8.4g 2.1g
一糖質(g) 7.5g 1.9g
繊維(g) 未記載 未記載
タンパク質(g) 75.0g 19.0g
食塩相当量(g) 0.57g 0.14g

クリームブリュレ味のタンパク質含有量は1食25gあたり19gです。%にすると76%となります。(100gをベースにすると75%です。)

飲み方は「1回25gを150ml~200mlの水または牛乳で溶かして飲んでください。」と書いてあるので、今回は250mlの水と低脂肪牛乳のそれぞれでレビューします。

ここをクリック

クリームブリュレ味の匂いはキャラメルポップコーンでした。

クリームブリュレ味の匂いはキャラメルポップコーンでした。

開封した様子がこちらとなります。粉末の中に香料と思われる粒は確認されませんでした。匂いはポップコーンの匂いがします。

クリームブリュレ味の粉末の様子

粉末のアップの様子がこちらとなります。粉末の中に黒い粒はありません。

クリームブリュレ味のスプーン摺り切りのグラム数

付属スプーンすりきり1杯は31.0gでした。

クリームブリュレ味の溶け具合と味の感想

水250mlで溶かすと、薄い脱脂粉乳の味でした。

Impactホエイプロテイン:クリームブリュレ味を水に溶かす様子

キッチリと水を250ml計って溶かしていきます。

クリームブリュレ味に水を入れた様子

水を注いだ直後の写真です。この時点でほとんど溶けているように見えます。

クリームブリュレ味を水に溶かした様子

シェイクした後の様子がこちらとなります。泡立ちは多少ありますが、細かい泡が多くダマもありません。

Impactホエイプロテイン:クリームブリュレ味を水に溶かした様子

横から撮影した様子がこちらとなります。泡立ちが少ないのがわかります。

悪い点を挙げると「味が美味しくもなくまずくも無いということ」と「タンパク質含有量が少し低めであること(75%)」です。

口に含むと薄っすらと甘みのある脱脂分乳のような味が広がります。後味に少しだけ苦みが残りますが、不味くて飲めないということはないです。全体的に味がぼやけているので、あまりおすすめはできません。

牛乳で溶く方がスイーツ感が増します。

牛乳250mlで溶かすと、濃厚なココナッツミルク風でした

牛乳250mlで溶かすと、濃厚なココナッツミルク風でした

続いて、250mlの牛乳に溶かしていきます。

クリームブリュレ味を牛乳に溶かした様子

牛乳に入れた瞬間の写真です。泡立ちがあります。

クリームブリュレ味を牛乳に溶かした様子

250mlの牛乳に溶かすと泡立ちがあり、溶け残ったダマが複数確認できました。

クリームブリュレ味を横から撮影した様子

横から撮影すると、泡立ちはあまりありません。

牛乳で溶かすことでクリーミーでまろやかになり、濃厚なココナッツミルク風の味になります。

口に含むと何故か「ココナッツミルク風味」が広がります。水で溶かした時に感じた後味の苦みは感じなくなりました。スイーツ感がかなり増しているので、甘いものが好きという方にはお勧めできる味です。

(逆に筋トレ後に飲むのであれば、少し味がくどいかもしれません…)

ここをクリック

バニラエッセンス、シナモンプラスで美味しさアップ

バニラエッセンス、シナモンプラスで美味しさアップ

バニラエッセンス、シナモンプラスで美味しさアップ

牛乳で溶かしたところに「バニラエッセンス」をプラスするとバニラの風味がプラスされて豪華な味になります。

更に「シナモン」をプラスすると重厚感が出ます。

バニラエッセンスだけでも美味しくなりましたが、更にシナモンを加えたことによって少しチャイのような風味がしました。そして牛乳で溶いた時にあったココナッツミルク感は全くなくなりました。

まとめ:Impactホエイプロテイン:クリームブリュレ味の総合評価(暫定)

独断と偏見によるクリームブリュレ味の総合評価

溶けやすさ:★★★★★

美味しさ:★★★☆☆

泡立ちは少なめで細かい泡なので溶けやすいが、牛乳で溶かすと多少ダマが残る。匂いはキャラメルポップコーンのようなにおい。味は薄い脱脂粉乳でカスタード感はほぼ無し、ミルクの風味がする。甘さは控えめ。250mlで溶かすと薄めなので、濃い目が好きな方は150mlがオススメ。水で溶くと美味しいわけでもまずいわけでもない微妙な味。牛乳で溶くと濃厚なココナッツミルクの味になってクリーミーになるが濃厚な割には後味がスッキリしている。

ここをクリック

その他の味のレビューは随時追加して、下記の記事に足しておきますのでブックマークなどしていただけると嬉しいです!

→ 【随時更新】マイプロテインImpactホエイプロテインの全フレーバーを飲んで作るお勧めランキング