満足度98.4%のセール速報LINE >>

マイプロテインのホットドリンク4種をレビュー!栄養価が良く、市販のホットコーヒー飲料と引けを取らないくらい美味しいのでオススメ!

こんにちは!設楽です。

今回はマイプロテインのプロテインが配合されたホットドリンク4種をレビューします。

公式サイト上で高タンパク食品に含まれる「プロテインラテ」「リーンホットチョコレート」「プロテインホットチョコレート」「プロテイン モカ」の成分や味のレビュー、比較をします。

率直な感想として、これは良いホットドリンクだなと思いました

普段、コーヒー系飲料(カフェオレなど)を飲んでいる方の代替えとして嬉しい商品です。

栄養素は市販の物と比べて優秀です。カロリー・脂質・糖類が低く、タンパク質が多いです。かつ市販のコーヒー系飲料と変わらないくらい美味しい。

公式の作り方ではレンジで温める必要があるので、自宅やオフィス向きでありますが、甘い系のホットドリンクが好きな方にはオススメの商品です。

ホットドリンク4種はこんな人にお勧め
  • 自宅やオフィスでのデスクワークの際、コーヒーが欲しくなる方
  • 日常の朝やブレイクタイムでカフェオレ等を飲まれている方
  • プロテインの味に飽きてきて毛色が違うドリンクが飲みたい方

甘党の方にも好んでいただけると思えるプロテインホットドリンクなので、気になる方は是非お試しください!

ここをクリック

まとめ:甘いホットドリンクなのに栄養素が良い!かつ市販品と引けを取らない美味しさがある

マイプロテインのプロテインホットドリンク

プロテインモカ

※2020年10月にプロテインモカが発売され、追記しました。

記事が長くなってしまったので先に結論から掲載しておきます。

独断と偏見によるプロテインホットドリンク4種の総合評価

・プロテインラテ
成分表:★★★★☆
美味しさ:★★★★☆
溶けやすさ:★★★★☆

・リーンホットチョコレート
成分表:★★★★☆
美味しさ:★★☆☆☆
溶けやすさ:★★★☆☆

・プロテインホットチョコレート
成分表:★★★☆☆
美味しさ:★★★☆☆
溶けやすさ:★★★☆☆

・プロテインモカ
成分表:★★★★☆
美味しさ:★★★☆☆
溶けやすさ:★★★★★

栄養素は一般的なコーヒー系飲料と比べたら栄養素が非常に優秀(プロテインほどではありません)。市販のコーヒー系飲料に引けを取らないくらい美味しい。プロテイン独特のクセを感じない味わい。カフェオレ系が好き、デスクワークにはコーヒーが欲しいという方には良いドリンク

個人的な好みではありますが、

  • 1位 プロテインラテ
  • 2位 プロテインモカ
  • 3位 プロテインホットチョコレート
  • 4位 リーンホットチョコレート

以上のランキングです。

「プロテインラテ」が総合評価としてお勧めです。

カフェラテの味がして栄養素もこんなにいいの!?と思いました。

1杯あたりでタンパク質も15g摂れるので、トレーニーの方も一休憩される際にも良いです!

ここをクリック

マイプロテイン ホットドリンク4種の味ランキングと実食レビュー!

第4位:リーンホットチョコレート

ホットチョコレート

リーンホットチョコレートの成分表です。

リーンホットチョコレートの成分表

リーンホットチョコレートの成分表

  100gあたり 1食あたり(20g)
エネルギー 311 kcal 62 kcal
脂質 1.9 g 0.4 g
ー飽和脂肪酸 1.3 g 0.3 g
炭水化物 17 g 3.4 g
ー糖類 17 g 3.0 g
食物繊維 26 g 5.3 g
タンパク質 41 g 8.3 g
食塩相当量 0.70g 0.10g

1食(20g)あたり62kcalでP:8.3g F:0.4g C:3.4gとなっています。(糖類は3.0g)

この他にも、ビタミンA、D、E、B1、B2、鉄分、マグネシウム、亜鉛なども栄養素も入っております。量としては、成人1人分の食事摂取基準量の半分をまかなえるほどです。

かつ、食物繊維は5.3gと多く入っていることがこのホットドリンクの特徴です。腸内環境に気を使う方には良い成分でしょう。

なぜ炭水化物より食物繊維量の方が多く記載されているのかが謎です。(笑)

また100gあたりで見ますと、総合的なカロリーは他の2種と変わらないので、ヘルシーそうだからと言って飲み過ぎないようにしましょう。

ここをクリック

リーン ホット チョコレート原材料はビタミンが豊富

リーン ホット チョコレート原材料は?

プロテイン ブレンド (58%) (ミルク プロテイン 濃縮物, スキム 牛乳 パウダー, カゼインミセル [牛乳], イヌリン (フラクトオリゴ糖), 天然 香料, ココア パウダー, 甘味料 (スクラロース), ビタミン ミネラル ブレンド (酸化マグネシウム, ビタミン C (アスコルビン酸), 鉄分 (フマル酸第一鉄), ビタミンE (DL-Alpha Tocopheryl Acetaete), ビタミン B3, ビタミン A, 酸化亜鉛, ビタミン B6, ビタミン D3, ビタミン B1, ビタミン B2, ビタミン B12, 葉酸, ヨウ化カリウム)

引用:マイプロテイン「リーン ホット チョコレート」

先述しましたが、ビタミン・ミネラルが添加されております。多くのビタミンが入っているもの特徴です。プロテインの量は他と比べ若干少な目になっております。

しかし、その代わりに水溶性食物繊維が摂取できるイヌリンも使われており、腸内環境を整える要素も加えられているのが分かります。

リーンらしい原材料です。

ここをクリック

リーンホットチョコレートの味はココアを薄めたような味

4つに共通するドリンクの作り方ですが、水で粉を溶かしてレンジで温める必要があります。

※温めずお湯で溶かしても飲めますが、味が薄い感じがします

  • 各ホットドリンクの推奨された粉の量に、水を150cc~200cc加えてかき混ぜる。
  • 溶けてきたら、800Wの電子レンジで60秒~90秒温め、再度かきまわして完成です。

私の家のレンジは700Wなので、様子を見て90秒間温めました。

リーンホットチョコレートの粉の推奨量は20gです。今回は200ccの水を入れてかき混ぜました。

プロテインラテと同じく200ccの水を入れてかき混ぜました。

こちらは若干ダマになるかなという具合でした。

ですが、数粒ぐらいなので、多くかき回せば気にならないほどになるかと思います。

味をお伝えしますと、ココアを薄めたような味わいがします。

味をお伝えしますと、ココアを薄めたような味わいがします。

バンホーテンココアを作る際、水を入れ過ぎてしまった時ような…チョコ感よりも甘みの方が強く感じます。

決して飲めなくはないのですが、美味しくもないです。

ミルクかカカオどちらかのコクがないからでしょうか。優しい味にしたあまり、甘味だけが引き立ってしまい中途半端な味がします。

すっきりしている味の方が好きな方&チョコレートドリンクで食物繊維やビタミンを摂れるなんて嬉しい!という方にも良いでしょう。

ここをクリック

第3位:プロテイン ホットチョコレート

プロテイン ホットチョコレート

プロテインホットチョコレートの成分表です。

プロテインホットチョコレートの成分表

  100gあたり 1食あたり(25g)
エネルギー 335kcal 84kcal
脂質 2.3g 0.6g
ー飽和脂肪酸 1.6g 0.4g
炭水化物 19g 4.8g
ー糖類 17g 4.3g
食物繊維 4.4g 1.1g
タンパク質 57g 14g
食塩相当量 1.3g 0.33g

1食(25g)あたり84kcalでP:14g F:0.6g C:4.8gとなっています。(糖類は4.3g)

プロテインホットチョコレートもホットドリンクとしては、タンパク質が多くて優秀です。

冷たいドリンクでたんぱく質が多く入っている日本メーカー製造の物はありますが、ホットで飲むことを主旨とした物はなかなかないと思います。

脂質や糖類は先述したリーンホットチョコレートと比べて若干多いくらいですが、チョコ系のドリンクとしては、かなり少ないと言えます。

ただ、こちらも4g弱の糖類が含まれているので、嗜好品として飲むのが良いでしょう。

ここをクリック

プロテイン ホット チョコレート原材料はココアパウダー入り

プロテイン ホット チョコレート原材料は

アレルギーについては, 太字の各内容物を必ず確認して下さい。以下を含む可能性あり: グルテン, 卵。

チョコレート フレーバー: プロテイン ブレンド (61%) (ミルク プロテイン 濃縮物, マイセラカゼイン(乳), PeptoPro** (カゼイン 加水分解物) (乳), 脱脂粉乳), ココア パウダー, 香料ブレンド, 甘味料 (スクラロース)

引用:マイプロテイン「プロテイン ホット チョコレート」

原材料にココアパウダーが入っているのが特徴です。

リーンホットチョコレートと比べますと、プロテインの量が少し多いのと、イヌリンとビタミン類が入っていないことがおおまかな異なる点です。

リーンホットチョコレートよりもチョコの味を濃く感じたので、ココアパウダーが多めに入っているか、プロテインブレンド配合が少し変えているのかと思います。

ここをクリック

実食レビュー!プロテインホットチョコレートの味はしつこ過ぎず飲みやすい!

プロテインホットチョコレートの味はしつこ過ぎず飲みやすい!

プロテインホットチョコレートの粉の推奨量は25gです。

同じく200ccの水を入れてかき混ぜました。

かき回せた時は、粉も溶けやすくダマも気になりませんでした。

ココアを少し薄めた色合いをしています。

ですが、リーンホットチョコレートよりもコクがあります。

かといってしつこすぎず、飲みやすいです。

甘味も落ち着いていて、ミルク感とココア感がきちんと合わさっている感じがあります。

ただ、濃厚なチョコドリンクを期待されると少し違うかもしれません。

ミルクプロテインが入っていることもあり、クリーミーさも感じるチョコ味です。

朝に飲むには少し甘さがきついと思いますが、休憩時や寒さを感じる時には嬉しい商品かと思います。

甘党さんにお勧めのホットドリンクです。

ここをクリック

2位:プロテインモカ

プロテインモカ

プロテインモカの成分表です。

プロテインモカの成分表

  100gあたり 1食あたり(25g)
エネルギー 316kcal 79kcal
脂質 1.4g 0.4g
ー飽和脂肪酸 1.1g 0.3g
炭水化物 18g 4.4g
ー糖類 16g 4.0g
食物繊維 0.9g 0.2g
たんぱく質 58g 15g
食塩相当量 1.3g 0.33g

1食(25g)あたり79kcalでP:15g F:0.4g C:4.4gとなっています。(糖類は4.0g)

プロテインラテと同様、通常のプロテインと比較するとたんぱく質は少な目かもしれません。

ですが、カフェモカで15g摂取できるものは、なかなかありません。市販品は1杯あたり1桁がほとんどです。

カフェモカを作る際のチョコを入れるのが定番ですが、ココアパウダーの総量が少ないのか脂質も低くなっています。

糖類も抑えてはありますが、プロテインのように1g前後ではないことも注意しましょう。

ここをクリック

プロテイン モカ原材料はインスタントコーヒーとココアパウダー入り

プロテインモカの原材料

モカ フレーバー: プロテイン ブレンド (61%) (ミルク プロテイン 濃縮物, マイセラカゼイン(乳), PeptoPro** (カゼイン 加水分解物) (乳), 脱脂粉乳), インスタント コーヒー, ココア パウダー, 香料, 甘味料 (スクラロース)

引用:マイプロテイン「プロテイン モカ」

ミルク系の原材料に加え、インスタントコーヒーとココアパウダーを使用しています。コーヒー系ドリンクの味を表現できるよう作られているのでしょう。

甘さは甘味料のスクラロースで出しています。

ここをクリック

実食レビュー!プロテインモカの味は温めると美味しい!

プロテインモカの味は温めると美味しい!

プロテインモカの粉の推奨量は25gです。

同じく200ccの水を入れてかき回しました。

プロテインモカの味は温めると美味しい!

非常に溶けやすく、ダマも気になりません。お湯でも十分に溶けました。

150mlの水でも溶けきれます。

プロテインモカの味は温めると美味しい!

簡潔にに言うと飲みやすいカフェモカです!プロテイン特有の粉っぽさはありません。

甘さ控えめで、ミルク感も抑えめです。ほんのりとチョコの味がします。

WPC のプロテインほどの濃厚さはありません。

他との違いを出しているのでしょうか?

200mlだと薄い感じがします。150mlでしっかり味を感じるので、濃いめが好きな方はお湯を少なめにしたほうが良いです。

また、温めた方が美味しさが増します。

甘党さんなど、濃厚なカフェモカの味を求めている方は違うと思ってしまうかもしれませんが、飲みやすく満足します。

公式の推進通り、レンジで温めると味が濃くなるので美味しさを味わえるでしょう。

ここをクリック

第1位:プロテイン ラテ

プロテイン ラテ

プロテインラテの成分表です。

プロテインラテの成分表

  100gあたり 1食あたり(25g)
エネルギー 319 kcal 79kcal
脂質 1.1g 0.3g
ー飽和脂肪酸 0.9g 0.2g
炭水化物 19g 4.8g
ー糖類 16g 4.0g
食物繊維 0.1g 0g
たんぱく質 58g 15g
食塩相当量 1.3g 0.33g

1食(25g)あたり79kcalでP:15g F:0.3g C:4.8gとなっています。(糖類は4.0g)

上記3種のホットドリンク通常のプロテインと比較するとたんぱく質は少な目かもしれません。

ですが、市販のカフェラテと比べると、かなり多いです。市販品は1杯あたりですと1桁がほとんどです。

カフェラテを作る際の定番は牛乳ですが、プロテインが主であるため脂質も低くなっています。

糖類も抑えてはありますが、プロテインのように1g前後ではないことも注意しましょう。

ここをクリック

プロテイン ラテの原材料はミルク系のプロテインを主にインスタントコーヒー入り

 プロテイン ラテの原材料は 

アレルギーについては, 太字の各内容物を必ず確認して下さい。以下を含む可能性あり: グルテン, 卵。

ラテ フレーバー: プロテイン ブレンド (61%) (ミルク プロテイン 濃縮物, カゼインミセル (牛乳), PeptoPro** (カゼイン 加水分解物) (牛乳), スキム 牛乳 パウダー), インスタント コーヒー, モルト 抽出物 (グルテン), 香料, 甘味料 (スクラロース)

引用:マイプロテイン「プロテイン ラテ」

原材料はプロテインモカ同様、ミルク系のプロテインが原材料のほとんどを占めます。

上記3種と飲み比べて気づいたのですが、

・プロテインホットチョコレート → ココアパウダーのみ
・プロテインモカ → インスタントコーヒー+ココアパウダー
・プロテインラテ → インスタントコーヒーのみ

コーヒー感を表現するに、以上のような原材料の違いがあることが分かりました。

甘さは、スクラロースで出しています。

グルテンも含まれてますので、小麦の摂取を避けたい方はオススメしません。

巷で売られている市販品と比較すると植物油脂が含まれてないので、その点はとても良いと思います。

ここをクリック

実食レビュー!プロテインラテの味は馴染みのある味で美味しい

プロテインラテの味は馴染みのある味で美味しい

プロテインラテの推奨量は粉25gです。

それに水を200cc入れました。

それに水を200cc入れました。

かき混ぜた様子です。

プロテインよりかは確実に溶けやすいです。

小さいダマが数粒残るかな~くらいで、シェイカーを使う必要はないくらいです。

お湯でも試しましたが、溶けることは溶けました。

ただ、水よりかはダマになりやすいので、美味しく飲みたい場合はレンジを使いましょう。

レンジで温めた後の様子です。

レンジで温めた後の様子です。表面にほんのりと泡ができています。カプチーノのようです。

肝心の味ですが、美味しいです。

プロテインではなく、本当にカフェラテだと思えるほどです。

粉っぽさはありません。

コーヒー感はそこまで強くなく、ミルク感、クリーミーが上です。細かく言うと、カフェラテではなく、カフェオレの味に近いかなといった具合です。

ブレンディのカフェオレスティック1/2のような味がします。

個人的には少し甘いと感じましたが、女性は好きだと思います。馴染みのある味で、これはオススメです。

朝からプロテインはきついな…という方やブレイクタイムにも栄養を意識するという方には、嬉しいホットドリンクかと思います。

ここをクリック

総評:コーヒー類を普段飲む方にはお勧め!自宅やオフィスでの休憩時の一品として

最後にもう一度まとめておきます。

独断と偏見によるプロテインホットドリンク4種の総合評価

・プロテインラテ
成分表:★★★★☆
美味しさ:★★★★☆
溶けやすさ:★★★★☆

・リーンホットチョコレート
成分表:★★★★☆
美味しさ:★★☆☆☆
溶けやすさ:★★★☆☆

・プロテインホットチョコレート
成分表:★★★☆☆
美味しさ:★★★☆☆
溶けやすさ:★★★☆☆

・プロテインモカ
成分表:★★★★☆
美味しさ:★★★☆☆
溶けやすさ:★★★★★

栄養素は一般的なコーヒー系飲料と比べたら栄養素が非常に優秀(プロテインほどではありません)。市販のコーヒー系飲料に引けを取らないくらい美味しい。プロテイン独特のクセを感じない味わい。カフェオレ系が好き、デスクワークにはコーヒーが欲しいという方には良いドリンク

個人的な好みではありますが、

  • 1位 プロテインラテ
  • 2位 プロテインモカ
  • 3位 プロテインホットチョコレート
  • 4位 リーンホットチョコレート

以上のランキングです。

市販のホットドリンクと引けを取らないくらいの美味しさがありました。

低カロリーで高たんぱく質と栄養素が良いので、手元に一袋あっても良いと思える商品です。

自宅でオフィスにいることが多い方には良いでしょう。特に、デスクワークもあるトレーニーさん、甘いドリンクがお好きな女性には嬉しい商品です。温かさと甘さで脳を癒すことができると思います。

コーヒーのように飲めて、罪悪感もほとんどなく窘めるプロテインホットドリンク。通常のプロテインと異なる味を楽しめますので、ぜひ試してみてください。

ここをクリック