筋トレ歴1年半で東日本オープン3位!「膝の靱帯のび太君」と2時間半の胸トレ内容の全て。iHerb購入特典も見逃すな!

のび太さんプロモコードを使用することでもらえる特典
この記事のURLとタイトルをコピーする
  

こんにちは!小川(@result_blog)です。

先日(2018年9月14日)、ひょんなキッカケから人生初の合同トレーニングを行ってきました。お相手は「膝の靱帯のび太君@ダイエット筋トレ(@yousannnn)」さんです。のび太さんの詳しい紹介や当日のトレーニング内容は後述しますが、みっちりと2時間半行った胸トレは、勉強になることばかりでした。

  • 一人で黙々と筋トレをしているが、超えられない壁を感じている
  • コンテスト入賞者がどのようなトレーニングをしているか気になる
  • コンテストに向けての調整方法(減量方法)を知りたい

などなど、本格的な身体作りに取り組まれている方に役に立つ内容となっていますので、ご自身の身体作りに活かしてください。

なお、今回の合トレは事前に僕のLINEで告知していまして、読者の方に「のび太さんに聞いてみたいことを代わりに聞いてきます!」とお伝えしていました。いただいた質問の全てに回答をいただきましたので、そちらも共有させていただきます。

そして記事の最後には特別なお知らせがあります。のび太さんは「やめてください」と言っていたのですが、僕の独断で紹介させていただきます。(本格的なNGが出たら削除します。)有益な情報であることは僕が約束しますので、是非最後までチェックしてみてください。

※今回、うっかり写真を撮り損ねてしまったので、のび太さんのツイートを多用します。(許可はいただいています。)

「膝の靱帯のび太君@ダイエット筋トレ(@yousannnn)」さんとは?

サラリーマンのダイエット、筋トレ垢。2017年4月ウェイトトレーニング開始。それまでは自重のみ。フィジーカー ダンサー 183cm 93kg⇔80kg。 BP170kg SQ175kg DL175kg 気軽に絡んでくれたら嬉しす💓iherbコード KER6193

驚くことに筋トレ歴は1年半ですが、【2018年東日本オープン メンズフィジーク176㎝超級 3位】・【2018年ビーフ佐々木ジャパンクラシック メンズフィジーク175cm以上(オープン) 5位】という好成績を残しています。

筋トレ歴は1年半ではありますが、元々10年ほどストリートダンスを続けていて自重トレーニングを行っていたとのことなので、スタート時のレベルが滅茶苦茶高いです。(笑)

どのぐらい凄いかと言えば、筋トレを初めて1か月でベンチプレス100kgを5回上げるレベル…

筋トレ開始前の写真が既にマッチョです。BIG3のMAXはベンチプレスが170kg、スクワットが175kg、デッドリフトが175kgのトータル520kgです。強すぎワロタ…レベルです。

Twitterにも投稿しましたが「のび太さん」というよりは「出木杉君」の方がイメージが近いです。これから筋トレを始める方は「1年半でのび太さんのようになれる」とは思わない方が良いでしょう。(笑)

のび太さんと合トレをすることとなったキッカケ

合トレをするキッカケとなったのはTwitterでのプレゼント企画で、のび太さんが企画に参加してくれたのです!

こんなすごい人がLINEに登録してくれているとは1ミリも思っていなかったのですが、この機会を逃すまいと「是非取材させてください!」と打診したところ快諾していただき、合トレする運びとなりました。(情報発信していて、本当に良かったです!)

2時間半にわたる胸トレの全内容

この日は18時半から21時までの2時間半、都内某所にあるジムでガッツリ胸トレを行いました。少し混んでいた影響で理想的な順番で種目を実施することができなかったのですが、こちらには本来の順番で紹介しておきます。(アップを除いたメインセットの回数とセット数となります。)

  1. 息止めベンチプレス:8回ギリギリできる重さで3セット
  2. インクラインベンチプレス:バウンドを使わずに胸の上で静止させるフォームで10回3セット
  3. ダンベルプレス+ダンベルフライ:10回ずつのスーパーセットを3セット
  4. ダンベルデクラインプレス:正式名称がわからない種目、10回3セット
  5. 片手ケーブルクロス:オリジナル種目で3方向から刺激を加える。30回5セット
  6. ケーブルクロス:20回3セット
  7. ペックフライ:10回3セット
  8. スカルクラッシャー+アームカール:二頭と三頭のスーパーセット10回3セット

ジムにいた時間は2時間半ですが、実際に筋トレをしていた時間はちょうど2時間ぐらいでしょうか。いつも「胸と背中」で合わせて1時間程度の筋トレしかしていない僕にとってはトレーニングボリュームが3倍ぐらいあり、自分自身のトレーニングボリュームの足りなさを実感させられました。

僕が感じたのび太さんのトレーニングの特徴は2つです。1つが「フォームがとても綺麗」ということで、もう1つが「オリジナルのトレーニングが多い」ということです。

のび太さんのフォームが綺麗な理由

各種目で、のび太さんのフォームはとても綺麗でした。(それどころかフォームの指導もしてもらいました。)綺麗なフォームで筋トレができる理由は「ずっとダンスをやっていたから」と言っていました。ダンスでは「人の動きを観察すること」がとても重要で、ずっと訓練してきたそうです。

筋トレのフォームはダンスと比べると複雑ではないため、一度見れば大体「どこの筋肉をどのように使えば良いかがわかる」と仰っていました。(これ、チートだと感じましたよ…)

極めつけのエピソードはこれです。

「ポージング練習を1度もせずに、会場に向かう電車の中でYoutubeを見ただけ」と言っていました。普通はこんなこと出来ないですよ。(笑)

オリジナルのトレーニング種目が多い理由

オリジナルのトレーニング種目が多い理由も同じと考えます。身体の動かし方が上手で、筋肉の効かせ方が上手いので既存の種目にこだわりすぎずにオリジナルのトレーニング種目を開発していました。

僕のショボい言語能力では説明しきれないのが残念ですが、見たことも聞いたことない種目がたくさんありました。(胸の種目だけではなく、背中の種目も教えていただきました。)

充実の胸トレで、この記事を書いているタイミングで僕はバキバキの筋肉痛となっています。

読者さんからいただいたのび太さんへの質問と回答

簡単ではありますが、合同トレーニングの内容を紹介させていただいたので、読者さんからいただいた質問と回答を紹介させていただきます。有益情報のオンパレードですので、合わせてチェックしてみてください。

Q1:サプリとともに1日の食事が知りたい

こんにちは。●●の名前でツイッターも参加させて頂きました。
のび太さんに質問ですが、サプリとともにやはり1日の食事が知りたいです。

あと、成果が出てなくて気持ちが落ち込んだ時はどのように乗り越えたか。 まさに自分が今そうで、小川さんにも聞きたいです。3ヶ月で自分なりには頑張って来ましたが、目標の半分も達成していません。

とりあえずジムとは、週に2回6ヶ月の契約です。56歳からスタートは、ハンデキャップもあると思いますが、やり方を見直すべきかとも思っています。

何かアドバイスあればお願いします。 いつも本当にありがとうございます。

3食ちゃんと食べつつ、間食にプロテインやアンパン、プロテインバーなどを食べています。

増量期:P300g以上、F100g、C500g以上 4000~5000kcalを目安としています。(ですが、増量期はPFCを気にしていないのでかなりばらつきがあると思われます。)

僕は小食ですが、増量時は頑張ってトレーニング後に米600g以上と肉500gを無理やり食べていました。

減量期:P200g以上、F50g、C300g 2400~2600kcalを目安としています。

減量は基本的には低脂質で、代謝が落ちないように最低限炭水化物を取っています。

サプリメントは増量時は主にプロテインとクレアチンとプレワークアウトです。減量時はカルニチンとCLAをプラスします。

BCAAは前まで飲んでいたのですが、効果があるのか不明なので今は飲んでいません。マイプロで無料でもらったHMBも飲んでいますが効果は不明なのでリピは無しです。

成果はあまり求めていないので、伸び悩んでもそこまで落ち込むことはありません。トレーニングを楽しんで行っていればいずれ成果は出ると思っています!アドバイスは楽しく筋トレする事と、筋トレ友達を作る事です!僕は昨年から筋トレを始めましたが、老若男女沢山の筋トレ友達がいます。笑

小川からの補足

他の読者さんから「筋トレ情報はどこからゲットしていますか?」というご質問もいただきましたので補足しておきます。筋トレ情報は筋トレ友達から情報をゲットすると仰っていました。

Q2:増量期のトレーニングメニューと設定ウエイトが知りたい

小川さん、こんにちは。のび太さんへの質問です。

・増量期のトレーニングメニュー、設定ウエイトを教えてください!
・今日のトレーニングよかった!と思うときは、身体がどんな感じになっていますか?

まず初めにBIG3を行い、その後その日の部位をひたすらダンベル、マシン、ケーブルで追い込みます。実はトレーニングメニューもセット数もきっちり決めていません。その日の気分で決めています。多い時は10セットぐらいやることもあります。

1週間で何曜日がどの部位かは決めていません。背中、胸、脚、肩でその日に一番疲れていない部位をやります。

ただ、背中や肩が疲れているときは胸をやらない(ベンチが上がらないから)、脚が痛い時には背中をやらない(脚と腰にくるから)、朝起きて2部位以上筋肉痛が残っていたらオフ日にする。などのルールを設けています。

筋トレはとにかく筋肉痛や筋疲労がこないと意味がないと思っているので、絶対に筋肉痛になるように追い込みます。次の日筋肉痛にならなかった時には枕を涙で濡らしています。笑

筋肉痛がこなくなってしまった(負荷に慣れてしまった)場合には、ネガティブを意識(5秒かけて戻す)したり、今までと全く異なるトレーニングを取り入れたりします。

ちなみに、増量と減量で特に気にしていません。ただ、やはり減量時には重量がかなり落ちます。減量時には有酸素をやらない代わりにインターバルを短くして追い込んでいます。

ちゃんと追い込めると痛みやパンプで可動域が狭くなるので、そんな時には「今日のトレーニングは追い込めたなぁ~」と感じています。

小川からの補足

他の読者さんから「左右差はどのように修正するか?」というご質問もいただきましたので補足しておきます。身体の左右差はどうしても生まれるのでトレーニング後に気になる部位だけ少し鍛えてから終えると仰っていました。

Q3:お腹の脂肪を減らす方法があれば聞きたいです!

のび太さんへの質問ですが、男性と女性だとやはりボディーの作り方が 違うと思うのですが、 お腹の脂肪を減らす方法があれば聞きたいです! 腹筋割れるくらいになりたくて。

色々な人に聞きましたが、「食事です」と言われました・・・

なので、管理栄養士の方に2ヵ月くらい食事内容を見てもらったり したのですけど、「ほとんど直すところがありません」と言われてしまいました。 痩せにくいのは歳(46歳です)のせいもあるかもしれませんが。

減量に関しては仰る通りで食事が重要です。

僕は腹周りの脂肪は特に落ち辛く、肩腕周りは皮一枚になっても、腹の脂肪は最後まで落ちません。

女性の腹筋が割れるぐらい絞るまでには相当な努力が必要で、腹筋が割れる程の体脂肪率を維持しているとホルモンバランスが崩れ体調不良に陥ると思われます。

管理栄養士は健康的な食事を指導する人なので、管理栄養士さんに「直すところが無い」と言われたと言うことは、健康的な食事ができているのでしょう。減量は健康的な食事とはかけ離れていますので…。

減量方法は主に三大栄養素のタンパク質(P)、脂質(F)、炭水化物(C)のうちのFかCを極端に減らす事と、カロリー計算で出来ます。僕はFを減らす事で減量していますが最低限の脂質はナッツか魚から取るようにしています。

本気で減量したいのであれば、コンテストにエントリーすることをお勧めします。コンテストにエントリーすると、とにかく焦って自分を追い込むので絶対減量できますよ!

Q4:増量経験があれば、その方法について知りたいです。

インタビュー企画で、 増量経験があればその方法についてしりたいです!

増量時はトレーニング後の食事を特に多くとることを意識していて、最低米2合以上と肉500gを食べています。

お茶碗にご飯を盛ると2、3杯でお腹がいっぱいになってしまうので、ラーメンの丼にご飯を山のように盛って食べきるのがコツです。ご飯の量もトレーニングの重量と同じように少しずつ上げています。笑

Q5:筋トレを始めたキッカケと大会に出場しようと思ったキッカケは?

10年以上前からストリートダンスをやっており、自重トレーニングで鍛えていました。元々周囲からはマッチョキャラだったのですが、マッチョ29やyoutuberのトレーニー達を見て、本気で鍛えたらこの人達ぐらい凄い体になれるんじゃないかと思い、昨年からジムで鍛え始めたのがきっかけです。最初は半年も続かないだろうと思い、「1年継続で入会金無料」のキャンペーンも入らなかったのですが、、まさかこんなに続けるとは…入っておけばよかったと後悔。(笑)

大会に出場しようと思ったのはマッチョ29のコアラ小嵐さんの動画を見たのがきっかけで出たいと思いました。また、SNSで知り合って初めて合トレをした人が色々なコンテストに出ている人で、その人も「一緒に出る」と背中を押してくれたので今年の4月に初の大会に出る事になりました。

Q6:今後の目標は?

  • 身体の目標としては胸のデクラインを発達させる
  • 胸と背中を鍛えて厚みをつける
  • 腹筋の形を整える
  • 大会の目標としてはJBBF オールジャパン優勝

のび太さんのiHerb紹介コード【 KER6193 】を使うことでもらえる「コンテストに向けた減量マニュアル(特典)」は絶対に貰っておくべき!

先日、のび太さんがこんなツイートをしていたので「のび太さんの筋肉は僕が育てた」という権利をゲットすべくiHerbでの買い物にのび太さんのプロモーションコード【 KER6193 】を使わせていただきました。

そしたらこんなものが送られてきたのです…!(実際には画像5枚です。)

のび太さんプロモコードを使用することでもらえる特典

このレポートが滅茶苦茶良いんですよ!

有料級と言いますか、有料でも僕は全然買います。ハッキリ言って、僕では語れないことばかりが書かれていまして、これを肴にお酒が飲めます。(笑)

コンテストで上位入賞されている方のリアルな話を聞かせていただく機会は無いですから、コンテストを目指している方はゲットすることを強くお勧め致します。(のび太さんは「宣伝みたいになって嫌だから載せなくていいですよ~」と仰っていましたが、これは広く読まれるべきレポートです。のび太さんの制止を無視して、僕の独断で紹介しています。笑)

このレポートをゲットする方法は簡単でして、iHerbの購入時にのび太さんの紹介コードである

「 KER6193 」

を使うだけです。iHerbの仕組み上、紹介者は誰がコードを使ってくれたのかはわからないので、コード利用後にのび太さんに「コードを使用した」という旨を伝える必要があります。

のび太さんの特典資料をゲットする手順
  1. iHerbでの商品注文時に紹介コード【 KER6193 】を使って注文する
  2. 注文完了したらのび太さんのTwitterにコードを使った旨をDMで連絡する
  3. のび太さんから特典のレポートを受け取る

以上の3ステップです。

iHerbでのお得な購入方法は別記事にまとめているので、こちらも合わせてチェックしてみてください。(記事の中では僕の紹介コードが書かれていますが、【 KER6193 】をお使いください。)

iHerbのセールの仕組み

【iHerbセール情報】アイハーブの最新セールとプロモコード|紹介コードを併用して割引率を高める方法

2018年7月6日

中には「レポートは欲しいけど、Twitterをやっていない…orz」という方もいらっしゃることでしょう。個人的には、この機会にTwitterを始めてのび太さんと交流をしてもらいたいのですが、色々と事情もあるでしょう。LINEで僕にメッセージをいただければ、のび太さんにお伝えさせていただきますので、お気軽にお声がけください。(そこまでしてでも読んでいただきたいレポートです。)

のび太さんのレポートをゲットして知識を取り入れつつ、「のび太さんは自分が育てた」という権利をゲットしましょう。(笑) 合同トレーニングをさせてもらって感じたことではありますが…のび太さん、来年はもっと上の順位に行くと思います。控え目に言って、バケモノです。

話が色々と飛んでしまいましたが、たくさんのお話を聞かせていただき&合同トレーニングしていただき、ありがとうございました!次回はまた別の部位でお願いします!

※Twitterをやっている方は、のび太さんをフォローすること!そしてiHerbで購入するものがある場合は紹介コード【 KER6193 】を使って特典レポートを是非ゲットしましょう!

それでは、良い筋トレライフをお過ごしください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
  

マイプロテインで「サマーキャンペーンセール」が開催中

マイプロテインでは現在、「サマーキャンペーンセール」が開催中です。

ゾロ目セールが終わり、7月6日までのセールに戻りました。(最大70%オフ+追加30%オフ)割引コードは【 NATSU30 】です。割高感が目立つので、次回の大型セールを待ちましょう!

セール情報の詳細は記事にもしています。合わせてチェックすることを強くお勧め致します。

マイプロテインのセール情報

マイプロテインのセールで安いのはいつ?セール情報を追い続けている管理人が買い時と時期をお知らせします!

2017年6月6日

不明点やご質問はLINEにてお気軽にお問い合わせください!

文章を読むのが面倒な方は、LINEで直接聞いてください。

※完全無料でいつでも配信停止できます。現在6,020名の方にご登録いただいています!(累計)

※リアルタイムで買い時をお知らせ※

※パソコンからご覧の方は「@tlg4179g」と検索してください。


 

スポンサードリンク




【満足度98.4%】マイプロテインのセール情報をLINE@でお届け!

マイプロテインに興味はあるけど…

  • セールが頻繁に行われていて買い時がわからない
  • 自分に合う商品が何かわからない
  • どうせ購入するならお得にゲットしたい!

とお考えの方に向けてLINE@を配信しています。

マイプロテインユーザーであれば、登録しないのは損です。(キッパリ)

LINE@で情報を受け取る