満足度98.4%のセール速報LINE >>

マイプロテインのビーガンプロテインクッキー全種類をレビュー。プロテインスナックとしては栄養素がイマイチだがビーガンらしい素材で美味しい

こんにちは!設楽です。

この記事ではビーガン・ベジタリアン向けスナック「ビーガンプロテインクッキー」のレビューを行います。

以前はチョコレート味のみの販売でしたが、リニューアルされ、「チョコチップ味」「ソルディットキャラメル味」「ダブルチョコレート味」の三種となりました。

しっとり系のソフトクッキー生地で、まずまずの美味しさです。

少し歯にくっつくのが気になりますが、ブラウニーのような食感を楽しめます。日本でよく売られているザクザクしたクッキーではなく、カフェにあるようなクッキーに近いです。甘みも強くあります。

栄養素はプロテインスナックとしてはイマイチですが、近い味であるのカフェのクッキーよりはずっと良いです。

ここをクリック

まとめ:どれも甲乙つけ難く、なかなか美味しい。カロリーの多さの注意

記事が長くなってしまったので先に結論からお伝えします。

独断と偏見によるビーガンプロテインクッキーの味ランキング

1位 ダブルチョコレート味
2位 ソルディットキャラメル味
3位 チョコチップ味

以上のランキングですが、正直どれを美味しく感じるかは個人の好みだなと思います。

筆者的にも「1位≧2位≧3位」という順位で甲乙つけ難く、どれもそこそこ美味しいです。

突出して美味しい味がないので、甘いのが好きか、甘さ控えめが良いか、チョコよりキャラメル系が好きかで分かれるかと思います。

私は甘さ控えめが好きなので、上記の順位になりました。

動物性たんぱく質は不使用なので、植物性からたんぱく質を摂りたい方へ向けた商品です。

食物繊維も入っており、腸内環境を気にする方にも対応しています。

ただ、カロリーは1個283kcal~289kcalと低くないので、おやつとする際も注意です。あくまでビーガンの方向けの原材料で、総合的な栄養素は良いわけではないので、半分ずつ食べるのが良いでしょう。

カフェなどにおいてあるクッキーなどを食べている方にとっては、それと比べると脂質は10g以下、たんぱく質は13g以上なので嬉しいかと思います。

おやつが食べたいけど、体に気を使ったものを食べたい!という方にもオススメです。

ここをクリック

マイプロテインのビーガン プロテイン クッキーとは?

旧:ビーガンプロテインクッキー

リニューアル前の「ビーガンプロテインクッキー」

まず、リニューアル前とリニューアル後を比べてみますと、前者の方がビーガン向けの商品だなというのが分かりやすい気がします。リニューアル後にもMY VEGANの記載が箱にありますが、「ベイクドプロテインクッキー」と間違えやすいなと思いました。

公式ホームページのURLを見ても、ビーガンプロテインクッキーではなく、ビーガンベイクドクッキーとなっているので気をつけましょう。

またリニューアル前の原材料と栄養成分は、今回の「ダブルチョコレート味」と同じでした。

新:ビーガンプロテインクッキー

リニューアルされた「ビーガンプロテインクッキー」

公式HPでは下記のように説明されています。

商品概要
手軽に食べられる植物由来のお菓子。トレーニングのお供ににピッタリです1。 ココナッツオイル、ピープロテイン、ダークチョコレートなど、材料にこだわって焼き上げました。

特徴
・タンパク質13g含有
・ビーガンの方にもオススメ
・こだわりの素材を使用
・外出用に最適

選ぶ理由
一枚あたり植物性タンパク質を13g含有。ビーガンの方でも、トレーニング中の間食にお召し上がりいただける商品です。強いカラダをつくり、維持するためには、タンパク質を毎日一定量以上摂取することが大切です1。タンパク質摂取量を増やすことで、目標達成に向けて進むことができます。

手間いらずでタンパク質が補充できるので、良いリフレッシュにもなりますし、外出先でもお召し上がりいただけます。

利用目安
ビーガン プロテイン クッキーの摂取タイミング目安
お好きな時にお召し上がりください!お腹が空いた時にオススメのチョコレート味。仕事中、テレビを見ている時、トレーニング後、いつでもオススメです。

引用:マイプロテイン「ビーガン プロテイン クッキー」

記載の通り、植物性由来のたんぱく質を摂れるビーガンの方向けでクッキーです。

トレーニングにぴったりと書かれていますが、栄養素を見ますと、脂質や糖質が多めなので、あくまでおやつとして食べるのが良いと見解しています。

1個あたりのたんぱく質が13g(フレーバーによっては14g)摂れますがプロテインスナックとしては、少ない部類です。

食べるシーンとしては、パッケージにオシャレさがあるので、仕事場でもジムでも抵抗なく食べられるかと思います。実際に、トレーニングをしていない姉にも渡しましたが、美味しそうと抵抗なく受け取っていました。

ビーガン プロテイン クッキーの原材料は?ビーガンプロテインクッキーの原材料

小麦粉(小麦粉、炭酸カルシウム、鉄、ナイアシン、チアミン)、ブラウンシュガー、オーツシロップ、保湿剤(植物性グリセリン)、加水分解小麦プロテイン、ダークチョコレートチップ(9%)(カカオマス、砂糖、乳化剤 [大豆レシチン]、香料)、ピープロテイン 、オリーブオイル、大豆プロテイン 、増粘安定剤(アラビカガム)、ココナッツオイル、膨張剤(重炭酸ナトリウム)、香料、ダークチョコレートチップ(カカオマス [最小49%])

引用:マイプロテイン「ビーガン プロテイン クッキー」

こちらはチョコチップ味の原材料です。

メインの甘味付けを砂糖ではなく、ブラウンシュガーとオーツシロップを使っていることは良質な気がします。海外のブラウンシュガーは、ミネラルなどの成分が多く残っている含蜜糖なので、質の高さを伺えます。ビーガンの方向けらしさがありますね。

また、植物油脂もオリーブオイルとココナッツオイルを使用しているところも気を使っているの感じます。

商品説明に植物由来と記載してあったたんぱく質成分は、小麦たんぱく、エンドウマメたんぱく質と大豆たんぱく質です。

ソルディットキャラメル味は他のフレーバーと比べて、食塩が少し多めに入ってます。

小麦粉(小麦粉、炭酸カルシウム、鉄、ナイアシン、チアミン)、ブラウンシュガー、オーツシロップ、保湿剤(植物性グリセリン)、加水分解小麦プロテイン、ダークチョコレートチップ(9%)(カカオマス、砂糖、乳化剤 [大豆レシチン]、香料)、ピープロテイン 、オリーブオイル、大豆プロテイン 、増粘安定剤(アラビカガム)、ココナッツオイル、膨張剤(重炭酸ナトリウム)、食塩、香料、ダークチョコレートチップ(カカオマス [最小49%])

引用:マイプロテイン「ビーガン プロテイン クッキー」

ソルディットキャラメル味は他のフレーバーと比べて、食塩が少し多めに入ってます。

ダブルチョコレート味は、ココアパウダーが入っているおり、チョコ感を強めに出していることが伺えますね。

小麦粉(小麦粉、炭酸カルシウム、鉄、ナイアシン、チアミン)、未精製ブラウンシュガー、オーツシロップ、植物性グリセリン、グルタミンペプチド(加水分解小麦プロテイン)、ダークチョコレートチップ(9%)(カカオマス、砂糖、乳化剤 [大豆レシチン]、香料)、ココアパウダー、ピープロテイン 、オリーブオイル、大豆プロテイン 、増粘安定剤(アラビカガム)、ココナッツオイル、水、膨張剤(重炭酸ナトリウム)、香料、食塩

引用:マイプロテイン「ビーガン プロテイン クッキー」

ダブルチョコレート味は、ココアパウダーが入っているおり、チョコ感を強めに出していることが伺えますね。

ここをクリック

ビーガン プロテイン クッキーの成分表と実食レビュー! 

第3位:チョコチップ味

第3位:チョコチップ味

味のランキング第3位は「チョコチップ味」です。

チョコチップ味の成分表

  100gあたり 1食あたり(75g)
エネルギー 377kcal 283kcal
脂質 10g 7.5g
ー飽和脂肪酸 4.9g 3.7g
炭水化物 52g 39g
ー糖類 23g 17g
食物繊維 3.5g 2.6g
たんぱく質 18g 14g
食塩相当量 0.50g 0.38g

1個(75g)あたり283kcalでP:14g F:7.5g C:39g(糖質17g)となっています。

上記したように、プロテインスナックとしては栄養素はいまいちです。

日本で売られている一般的なクッキーは、たんぱく質が一桁、脂質は二桁がほとんどなので、サプリ関係の商品抜きとしては優秀です。

また、クッキーであるのに食物繊維が多めに入っているのは良い点もあります。

チョコチップ味の断面

こちらが断面の様子です。クッキー生地の外と中にチョコチップが点在してます。

しっとりとしていて、ソフトな食感の生地です。甘さはしっかりしているのですが、しつこ過ぎない味わいです。

ミルクチョコレートのような味で、生地自体のチョコ感は抑えめです。

チョコチップをアクセントにし、味に変化を持たせているのを感じます。プロテインらしいクセはありません。

生地がギュッしていて、口当たりに重みがあるので、紅茶やコーヒーなどの飲み物があった方が良いでしょう。

個人的な順位は低いですが、万人受けするのは、チョコチップ味かと思います。

ここをクリック

第2位:ソルディットキャラメル味

第2位:ソルディットキャラメル味

第2位は「ソルディットキャラメル味」です。

ソルディットキャラメル味の成分表

  100gあたり 1個あたり(75g)
エネルギー 377kcal 283kcal
脂質 10g 7.5g
ー飽和脂肪酸 4.9g 3.7g
炭水化物 52g 39g
ー糖類 23g 17g
食物繊維 3.5g 2.6g
たんぱく質 18g 14g
食塩相当量 1.5g 1.1g

1個(75g)あたり283kcalでP:14g F:7.5g C:39g(糖質17g)となっています。

チョコチップ味とほぼ同様の栄養成分です。

原材料として食塩が多めに入っているので、食塩相当量だけが異なります。

なので、塩分を控えている方は注意してください。

ソルティッドキャラメル味の断面

ソルディットキャラメル味もソフトな食感です。特徴的なのは、名称の通り、塩味を感じる生地です。

塩がキャラメルの味を引き立たせてくれます。癖になる味わいです。食べる場所によって、塩味に少しバラツキがあるのが難点。

原材料にチョコも入っていますが、キャラメル感の方が強いです。

人によっては、味が強すぎる感じてしまう方もいるかもしれませんが、プロテインスナックの中では美味しい方だと思います。

また、生地がチョコチップ味より滑らかさがある気がしました。

プロテインクッキーとしては作るのは難しいと思いますが、ザクザク系の生地だったらもっと美味しいと思います。

ここをクリック

第1位:ダブルチョコレート味

第1位:ダブルチョコレート味

第1位は「ダブルチョコレート味」です。

ダブルチョコレート味の成分表

  100gあたり 75g
エネルギー 385kcal 289kcal
脂質 12g 8.6g
ー飽和脂肪酸 5.2g 3.9g
炭水化物 50g 38g
ー糖類 22g 16g
食物繊維 5.2g 3.9g
たんぱく質 18g 13g
食塩相当量 0.70g 0.53g

1個(75g)あたり289kcalでP:13g F:8.6g C:38g(糖質16g)となっています。

他の味と異なる点は、脂質と食物繊維が若干多いことです。原材料にココアパウダーが入っているからでしょう。

その分、カロリーも少しばかり多いです。

チョコレート味の断面の様子

こちらも濃いめのチョコ生地にチョコチップが散りばめられています。生地は食感は他の味同様にしっとりしています。

味わいとしては、ビターと通常のチョコの間くらいです。

苦いな〜と感じるほどではありません。その中でも甘味はきちんとあります。

チョコ感はネーミングの通り、他と比べて濃厚です。チョコチップは軽い食感程度で生地の味の方が強いです。

甘さ控えめでありますが、こちらも重みあるので、チョコ感をきつく感じてしまう方もいるかもしれません。なので、飲み物を用意した方が賢明です。

甘さ控えめなブラウニーのような味わいがして、個人的に一番好きでした。

ここをクリック

総評:カロリーの多さには注意 植物由来のたんぱく質を摂りたい方には嬉しいスナック

ランキングを行ってきましたが、個人の好みによって違いは出てくると思います。

ですが、プロテインスナックとしては美味しい部類です。

プロテインらしいクセもなく、カフェで食べられるようなクッキーとほぼ変わりありません。

美味しくはありますが、カロリーは1個283kcal~289kcalと高めなので、食べる際は気をつけましょう。このカロリーならたんぱく質は20g以上欲しいところですが、13gか14gです。

ビーガンの方向けであり、原材料に気を使っているので、美味しさ以外にも使われている物を求める方には良いでしょう。

※添加物が入っていないわけではないので注意してください。

甘党でおやつタイムがある!ソフトな食感のクッキーが好き!できる限り体に気を使ったものを食べたい!という方にはオススメですので、気になる方は試してみてください。

ここをクリック