タンニングをするためにOTOKO KAKUMEIの除毛スプレーを使ってムダ毛処理を大失敗した話。

パッチテスト中

リスト内商品50%オフセールと全品30%オフセールが開催中!

■ リスト内商品50%オフセール

・割引コードは AKI50 です。

BCAA 1kg:4,175円
グルタミン 1kg:3,040円
クレアチン 1kg:1,100円
アルファ・メン(マルチビタミン) 240錠:1,420円
マルトデキストリン 5kg:1,540円
オメガ3 250錠:730円

■ 全品30%オフ!

・割引コードは AKI30 です。

【WPC】Impactホエイプロテイン 5kg:7,693円
【WPI】Impact 分離ホエイプロテイン (アイソレート) 5kg:10,213円

スポンサードリンク

こんにちは!小川(@ogawakenta)です。

夏が本格的に近づいてきましたね。以前書いたタンニングの記事で「いずれやってみたい」と書いてから、早3ヶ月…ハードルが高くてなかなか動き出せなかったのですが、ようやくタンニングをする決心をすることができました。

→ タンニングのメリット・デメリットをジムのスタッフに聞いてきた。

(結局のところ、タンニングをするメリットは「見た目が良くなる」ぐらいしかなく、身体には悪影響の方が大きいことは理解しておいたほうが良いです。)

タンニングをするにあたって、僕の悪い癖が出てしまいました。「どうせ焼くのであれば、ムダ毛の処理をしてから焼こう!」と…

別に毛があって焼いても問題はないのですが、この思い込みは何なんでしょうね…恐らく、ゴールドジムで肌がツルツルのマッチョを見続けたせいで「ツルツルもカッコいいなぁ…」という価値観が植えつけられてしまったのでしょう。(笑)

この記事では「ムダ毛を処理する方法として【除毛スプレー】を選択したことで大失敗した話」を写真とともにお伝えしていきます。決してきれいとはいえない写真が続きますので、汚いのが苦手という方は、ここでブラウザを閉じてください。

…というか、そもそもこういった類の話は顔出ししているブログでやるものじゃないですよね。(笑)何やってるんだ、自分…と思う一方で、自分と同じ失敗はして欲しくないので包み隠さずにお伝えいたします。

「脱毛」と「除毛」の違いは?

毛を処理することを考え始めてからは「男 毛 ジャマ」という煩悩丸出しのキーワードで検索を続けていました。ネットの情報によるとムダ毛処理には「脱毛」と「除毛」の2種類分かれることがわかりました。

簡単に説明すると脱毛は毛根ごと取り除く方法で、除毛は肌の表面に出ている毛を取り除く方法です。わかりやすいところで言えば、眉毛をピンセットで抜くのは脱毛で、ヒゲをカミソリで剃るのは除毛です。

効果の持続で言えば、毛根ごと取り除く「脱毛」のほうが長続きします。ヒゲは剃っても伸びてくるように「除毛」は根本的な解決方法ではなく、その場しのぎの対処方法であると言えます。

男が選べる4つの「ムダ毛の処理方法」とは?

ムダ毛処理方法は大きく4つの方法に分かれます。

その1:抜く

1つ目の方法は「抜く」です。毛抜きで毛根から引き抜く方法であったり、ブラジリアンワックスで毛根から抜く方法、家庭用脱毛機を使って光で処理したり、メンズ脱毛に通ったり…これらの方法は毛根ごと「抜く」方法となっています。

ちなみに…最近、色々な場所で広告を見かけるようになった「メンズ脱毛」は「脱毛」という名の通り、毛根の細胞を破壊してムダ毛を処理する方法です。「光脱毛」、「ニードル脱毛」、「医療レーザー脱毛」など脱毛方法にも色々な種類があるらしいのですが、原則として「脱毛期間中の日焼けはNG」なんですよね。

タンニングするということは、ある意味で肌を火傷させるということです。やけどしている状態の肌に熱を与えて脱毛するのは自殺行為です。つまり、メンズ脱毛はタンニングとの相性は最悪と言えるでしょう。(家庭用脱毛機も同じですね。)

その2:剃る

2つ目の方法は「剃る」です。カミソリやシェーバーを使う方法が一般的です。髭剃りと同じなので説明は不要ですね。肌を痛めやすいのが難点です。

その3:溶かす

3つ目の方法は「溶かす」です。いわゆる「除毛クリーム」や「除毛スプレー」と呼ばれる商品を塗って表面の毛を溶かします。皮膚への刺激は強く、人によっては肌に合わない場合もあるようです。(今回はこの方法を選びました。)

その4:染める

4つ目の方法は「染める」です。色を薄くして目立たなくさせようというもので、ちょっと裏技っぽいですよね。(笑)もちろん、色を薄めるだけなので毛そのものはなくなりません。

僕の選択肢としては「剃る」か「溶かす」しかありませんでした。(「染める」は論外でしたし、「抜く」はガチすぎてリスクが高いと感じました。)

そこで、前々から気になっていた「除毛スプレー」を試してみることにしました。

ドン・キホーテで除毛クリームを購入

今回購入したのは「OTOKO KAKUMEI」の除毛スプレーです。情弱丸出しで恐縮ですが、買い物ついでに思い立って購入しました。(いわゆる衝動買いというやつです。)1,500円ぐらいでした。

「OTOKO KAKUMEI」の除毛スプレー

ちなみにこの商品、皮膚の弱い場所での使用は禁止されています。(全身用ではないということですね。)

実際に使ってみた様子をレビュー

まずはパッチテスト

まずはパッチテストをするために手の甲に少し塗ってみます。

パッチテスト中

スプレーというよりも液体に近いような…?いい匂いではないです。(パーマ液の匂いに近い)

5分ほど放置すると、毛が溶けてきました。少しピリピリしました。

除毛スプレーを取り除いた様子

ティッシュで拭き取った様子がこちら。問題なさそうなので脚でやっていきましょう。

脚の様子(before)

汚くて恐縮ですが、この脚にスプレーを噴射していきます。(写真を撮り忘れて、右足は既にちょっとかかっています。)

スプレーを塗りたくった様子

スプレーを頑張って噴射してできる限り伸ばしてみましたが、めちゃくちゃやりづらかったです。容器を上下逆さまにすると噴射されないことにストレスを感じまくりでしたよ…orz

他の人はどうやって塗ってるんですかね?正直、一人でやるのは難しかったです。

除毛スプレー失敗

5分ほど放置してから拭き取った様子がこちら。溶けているところは溶けているのですが、ムラがあった全然ダメです。これじゃあ、逆に恥ずかしい…笑

除毛スプレー失敗例 脱毛スプレー

右足も左足も、特に後ろ側が残りまくりでした。スプレーを噴射する難易度高すぎでした。(本気でやった結果です。)

結局、毛が残りまくったのでカミソリで剃りなおしました。

カミソリで処理

脱毛スプレーで確かに毛は溶けるのですが、スプレータイプは塗るのが難しいのでクリームタイプを選ぶべきでした。除毛スプレーだけで処理できなかったので、結局はただの二度手間でした…orz

次にやるとしたら間違いなくクリームタイプを選びます。男性用の除毛クリームはあまり種類がないんですよね。とりあえず有名どころの「NULL除毛クリーム」がいいのかな?と思っています。(次、伸びたら使ってみます。)

何とかムダ毛を処理できたので、次回は実際にタンニングをした様子をお届けします。

2017年7月17日追記

タンニングで大失敗した経験を書きました!初めてタンニングをする場合は10分間で機械から出ることを強くお勧めいたします。地獄を見ました。

→ 【写真付き】タンニング大失敗!初めてやる場合は10分ぐらいで出た方が良いです。

2017年7月31日追記:初めてタンニングをする方へ!

初めてタンニングをする方に向けてやり方をまとめました。失敗する前にご覧ください!

→ 【体験談】初めてのタンニングのやり方まとめ!どこで焼くのか?焼く時間、頻度は?

リスト内商品50%オフセールと全品30%オフセールが開催中!

■ リスト内商品50%オフセール

・割引コードは AKI50 です。

BCAA 1kg:4,175円
グルタミン 1kg:3,040円
クレアチン 1kg:1,100円
アルファ・メン(マルチビタミン) 240錠:1,420円
マルトデキストリン 5kg:1,540円
オメガ3 250錠:730円

■ 全品30%オフ!

・割引コードは AKI30 です。

【WPC】Impactホエイプロテイン 5kg:7,693円
【WPI】Impact 分離ホエイプロテイン (アイソレート) 5kg:10,213円

太りたいガリガリ男子の方へ。筋トレを始める前に…

勢いだけで筋トレを始めても続きません。

「思考のインストール」・「食事と体重の関係性の理解」・「教わる人」の3つが必要です。

詳しくは解説記事をどうぞ!

→ 太りたいガリガリ男子が効率良く健康的に太る方法【筋トレを始める前に抑えるべき3つのポイント】

マイプロテインのセール情報

■今月の月イチセールはチョコレート味30%オフ!

・割引コードは CHOCO30 です。

・その他、週末セールや最大70%オフのお買い得商品も!

スポンサードリンク

【登録不要】プロテインに関する知識と経験の全てを1ページにまとめました!

筋トレをする上で欠かせないものはプロテインですが、日本で売られているプロテインの大元は全て同じだと知っていますか?中身が同じなら、コスパで選べば良いと思いませんか?

プロテインについて調べたこと、実践したことを全て記事にしてまとめています。(記事を書くのに掛けた時間には自信があります!)

「ビタミン・ミネラル」・「フィッシュオイル」・「BCAA」・「クレアチン」などなど、各種サプリについても情報を追加中です。

必要な情報を全てまとめる勢いで作成しているので騙されたと思って覗いてみて下さい!