【司会進行台本付き】突然、イベントの司会を頼まれた!初心者でも失敗しない原稿の作り方

スポンサードリンク

こんにちは!アイマーチャントの小川(@ogawakenta)です。

今回は「イベントの司会進行の台本の作り方」をまとめてみました。

こういった悩みは無いでしょうか?

・突然、イベントの司会進行役を頼まれて困っている。
・検索してみたものの、結婚式の二次会の司会用の記事ばかりで要領を得ない。
・実際にイベントで使われた生の原稿を見てみたい。

…と、偉そうに書いてみましたが、これらは全て僕自身が、突然イベントの司会を頼まれた時に直面した悩みでした。司会を頼まれたイベントは2016年12月19日(金)に高円寺で行われた出版記念トークイベントです。

40人以上の方に参加いただいた有料イベントでの司会は、かなり荷が重かったのですが、司会進行の役割を全うするためにいくつかのポイントを意識することでスムーズな進行をすることができました。この記事ではイベントの台本を作るための必要な情報をまとめています。

司会がグダグダになってしまうとイベントそのものが締まらなくなってしまいます。与えられた役割をキッチリとこなして、イベントの成功へと役立てていただければ嬉しいです!

追記:セミナーでの司会進行の台本の作り方もまとめました!

【生原稿付き】150人規模セミナーでスムーズな司会進行を実現する台本作りの方法

2017.01.25

イベントにおける司会の役割は「ティーアップ」

イベントの司会に限らず、人前で話をする時には緊張しますよね。僕の場合は司会を本業としているわけではないですから、自信満々に司会をするという方が無理がある話です。

しっかりと話をしようと思えば思うほど緊張してしまうものですが、そんな時には「司会の役割」をしっかりと認識しておきましょう。当たり前の話ではありますが、イベントの主役は司会ではありません。

イベントにおける司会の役割は、主役がしゃべりやすくするためのティーアップです。

「ティーアップ」は、ゴルフ用語で「打ち出しの時にティーにボールを乗せること」です。ほんの数センチの差ではあるのですが、ティーの高さを変えることでボールの弾道や飛距離が大きく変わります。

ビジネスの世界でも似たような意味で使われているのですが、わかりやすく「主役を上手に紹介する」と言う意味で捉えましょう。

もう少し詳しく解説するとしたら、「相手が主役を受け入れやすい状態にする」ということです。自分自身のことを「スゴイ人」と言う人ほどショボい人はいませんから、「本人が自分では言えないことを言ってあげる」ことを意識しましょう。これが司会の役割である「ティーアップ」です。

会場に来ている方は司会である自分のことは気にしていないことが分かれば、自然とやるべきことが見えてきます。

司会に求められている話し方は「ニッコリと大声で」

小さな声でボソボソと進行する司会は求められていません。笑顔を浮かべながら大きな声で話をする姿のみが求められています。…とはいえ、慣れない司会をする上で、自信を持つことはなかなか難しいですよね。

だからこそ事前準備をしっかりと行って、台本を作り上げましょう。準備をすることで自信を持って司会に挑むことができるようになります。(もちろん実際には緊張するわけですが、準備があるとないでは雲泥の差があります。台本が無ければ、何もできないのは僕だけではないはずです。笑)

緊張してしまうことで、普段ではあり得ないような間違えを起こしてしまう可能性もあります。だからこそ、読みにくい漢字があればフリガナを振っておいたり、息継ぎの位置を決めた上で、一度リハーサルをしておきましょう。

大事なことは準備を怠らないことです。事前準備の充実が堂々とやり切るコツだと考えています。

台本を作り始める前に確認すべき5項目

それでは、早速台本作りを進めていきましょう。…と行きたいところですが、いきなり原稿を書き始めても筆は進みません。世の中には全く同じイベントは存在しないので、司会を担当するイベントを確認しましょう。ピックアップすべき項目は下記の5点です。

出版記念トークイベントの例を取って、1つずつ確認していきましょう!

項目1:イベントのタイムスケジュールを確認

まず確認すべきはイベントのタイムスケジュールです。(これは当たり前ですね)

今回のイベントで言えば、この部分となります。

12月9日(金)19:30~21:00

文禄堂高円寺店
(杉並区高円寺北2-6-1高円寺千歳ビル1F)

19:30~20:30 トークタイム

20:30~21:00 サインタイム

項目2:会場の間取り図の確認

イベントの最初では挨拶に続いて、会場のアナウンスを行いましょう。具体的には「トイレの場所」と「喫煙所の確認」です。会場の見取り図が事前に分かる場合は台本に組み込んでおきますが、当日に現場で確認して、その場で書き加えれば十分です。

今回の場合は

トークイベント開始に先立ちまして、会場のご案内を致します。

・お手洗いは会場を出て○○にございます。
・館内は全面禁煙となっております。喫煙される方は会場を出て○○にございます喫煙室をご利用ください。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

といった文面を用意しておきまして、現場で確認した内容を書き加えました。

項目3:注意事項の確認

次にイベントでの注意事項を確認しましょう。イベントによって異なる部分ではありますが、オーソドックスな部分で言えば「携帯電話の電源チェック」と「音声の録音」、「写真・動画の撮影」についてです。

今回は別途、撮影班が入っていたイベントですので、こんな文面を用意しました。

・トークイベント中は携帯電話の電源をオフ、またはマナーモードに切り替えてくださいますようお願いいたします。

・本イベントの内容に関しましては、音声の録音、写真・動画の撮影はご遠慮いただいておりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

項目4:イベント概要の確認

台本を作る時には、イベントの段取りを理解しておく必要があります。(これも当たり前ですね。)

今回のトークイベントの場合は「トークタイム」と「サインタイム」の2部制となっていましたので、司会用の台本を作る部分は自ずと見えてきます。

・司会1:イベント開始時のアナウンス

・司会2:「トークタイム」への前フリ

・司会3:「トークタイム」終了から「サインタイム」までの前フリ

・司会4:終わりのアナウンス

今回の場合は上記の流れとなりました。ある程度完成させた状態で、関係者に司会の台本を共有したところ、隠れイベントとして「サプライズでの花束贈呈」が用意されていることもわかりましたので、その内容を台本の中に組み込んでいます。

項目5:講師プロフィールの確認

登壇いただく方を紹介させていただきますので、当然ですが、講師の方のプロフィールはチェックしておきます。前フリで、どの程度紹介するかはイベントによって異なりますが、基本的な考え方としては「用意できるだけ用意してから削る」方法がお勧めします。

今回のイベントの場合ですと…

石原 佳史子(いしはら・よしこ)

「時間、場所、お金。そして何より“思考”に縛られない生き方」、そんな生き方をする集団「雲楽団」の一員、雲楽士として活動中。株式会社クラウドクリエイションズ他、全6社の代表・顧問兼務。

の部分になる訳ですが、出版記念トークイベントでしたので、本人の実績の紹介と言うよりも、書籍の実績を前に押し出す形にしました。(Amazon総合ランキングで1位を獲得した実績部分を台本の中に組み込んでいます。)そして、シレッと関係者(書籍を担当してくださった方)の紹介も組み込んでいます。

トークイベントでお話いただくのは「人生もビジネスも流されていればうまくいく」の著者、株式会社クラウドクリエイションズ代表取締役 石原よしこさんと監修をされました株式会社アイマーチャント代表取締役 菅智晃さんのお二人です。

なお、今回のトークイベントは石原さんの出版記念として準備してきましたが、その間にみなさんもご存じのとおり、アマゾンの本の総合ランキングでなんと1位に輝き、しかも発売後2日で重版を決定させるという、近年の出版界でもそうそうない快挙をデビュー作で成し遂げてしまいました。という経緯をふまえて、急きょイベントタイトルを『祝!出版&即重版記念!トークイベント』と独断で改めさせていただきます(笑)金田さん、ごめんなさい(と金田さんを紹介する)。あっ、今回の書籍の担当の方です。

自然な流れで台本で組み立てる順番

…と、ここまで準備を整えれば、司会の台本は必然的に出来上がってきます。イベントの順番が明確になり、紹介すべき内容も決まってくるからです。

「イベント開始時のアナウンス」と「トークタイムへの前フリ」では、簡単な自己紹介と会場や注意事項の案内、そしてイベントの紹介を行い、講師の方にマイクを渡す流れを作ります。

そして「トークタイムからサインタイムへの繋ぎ」・「終わりのアナウンス」は段取りを確認した上で簡単に文字にすれば司会進行の台本は完成となります。

非常にシンプルな台本ではありますが、これで十分です。主役は司会ではありませんので、前にしゃしゃり出る必要はありません。

万が一、話題が無くなった時のネタを用意すべし!

今回は対談形式のトークイベントでしたので、何が起こるかわかりませんでした。時間が押してしまった場合にはその旨をお伝えすれば良いのですが、もし途中で話題が途切れてしまった場合に備えて助け舟を出す準備はしておいた方が良いです。

僕の場合は事前に書籍を読んでおいて、疑問に思った部分をいくつかピックアップしておきました。書籍には書かれていない内容を拾ったつもりです。(詳しくは台本原稿をご確認ください。)

準備の甲斐があって、トークタイムから質疑応答となった時に2つ3つ質問させていただき、時間を繋ぐことができました。準備の賜物ですね!

あなたがイベントの司会を成功させるには?

長々と説明させていただいましたが、実際、出来上がった台本はかなりシンプルなものです。(笑)

とは言え、ネット上には、自分が司会をやるイベントと似ている形での司会進行原稿を見つけることができず、作成にかなり苦労しました。そこで、今回はどういったことを考えて台本を作成したのかに加えて、生の台本をプレゼントさせていただくことにしました。

僕はプロの司会者ではありませんが、イベントにご参加いただいた方からは、良い評判をいただくことができましたので、それなりに使える台本構成となっているはずです。

ダウンロードいただき、司会進行にお役立てください。ご意見・ご感想もお待ちしております!

追記:セミナーでの司会をするための台本作りの方法

先日、150人規模のセミナーで司会を行いました。その時の台本作りの様子を記事にしましたので、そちらもご確認ください。

→ 【生原稿付き】150人規模セミナーでスムーズな司会進行を実現する台本作りの方法

追記2:セミナー後の懇親会をスムーズにする方法

150人規模のセミナー後に懇親会を開催するコツをまとめました!

→ 【飲み会幹事必見】セミナー後の懇親会をスムーズに行う方法

追記3:スムーズなセミナー開催するための運営準備の方法

セミナー運営の準備方法を実例と共に解説させていただきました。

→ 【チェックリスト&テンプレ付】セミナー当日に運営を失敗しないため準備の全てを公開します!

マイプロテインのセール情報

■今月の月イチセールはチョコレート味30%オフ!・割引コードは CHOCO30 です。

・その他、週末セールや最大70%オフのお買い得商品も!

スポンサードリンク

【登録不要】プロテインに関する知識と経験の全てを1ページにまとめました!

筋トレをする上で欠かせないものはプロテインですが、日本で売られているプロテインの大元は全て同じだと知っていますか?中身が同じなら、コスパで選べば良いと思いませんか?

プロテインについて調べたこと、実践したことを全て記事にしてまとめています。(記事を書くのに掛けた時間には自信があります!)

「ビタミン・ミネラル」・「フィッシュオイル」・「BCAA」・「クレアチン」などなど、各種サプリについても情報を追加中です。

必要な情報を全てまとめる勢いで作成しているので騙されたと思って覗いてみて下さい!