そうだったのか!日本で賞金制ゲーム大会が流行らないワケ

スポンサードリンク

こんにちは!アイマーチャントの小川です。

何度もお知らせしていることではありますが、2016年に最も強く影響を受けた書籍は例の青い本なわけですが…

この本の元となったTwitterアカウントがあります。(Twitterのつぶやきをまとめたものが本になっている)僕自身もフォローさせていただいているわけですが素敵なことを教えてくれています。

運動習慣を変え、食事習慣を変え、睡眠習慣を変えたら、そりゃぁ、体つきから変わってきますよね。良く考えれば当たり前のことだったりしますが、当たり前のことこそ、見落としがちになるものだったりします。

明日からは12月。2016年も駆け抜けていきましょう。

やりたいことがハッキリあるからブレない。

<会員限定コンテンツ>

ちょいとご相談。

<会員限定コンテンツ>

気になったニュースのコーナー

各所から物議を醸した問題ではありますが全記事を非公開にすることで着地する形となりました。

「Googleは手動でバンするべき!」と言った意見もありましたが、そうはできない理由はコチラをご覧いただくのわかりやすいかと。

しかし今回の一連の騒動によって「Googleが攻略できること」が広く知られる結果となったと考えています。

企業が運営するキュレーションメディアやオウンドメディアの流れが変わっていくのではないでしょうか?

 

数日前にバズっていた記事をご存知でしょうか?

AbemaTVの企画に参加された方がソシャゲ大会の様子をまとめた記事なのですが、その中の「賞金」に関して専門家からの意見がまとめられている記事となっています。(要は「賞金制ゲーム大会」の話です。)

僕自身、全然知らなかったのですが、こういった大会を開催する時には賞金の上限は景表法によって定められていて「元商品の取引価額の20倍の金額、もしくは当該金額が10万円を超える場合には10万円」となるそうです。(リンク先の具体例が非常にわかりやすいです。)

ただ、世の中には高額な賞金を出しているゲーム大会もありますよね。

どうなっているかを調べてみたところ見事な三店方式が成り立っているそうな…

正式な所はわからない部分もありますが、まだまだ発展途上の業界であると感じています。

 

HPとMPという馴染み深い言葉を使って「MP=自信」と定義して解説してくれています。MPが無い時にはHPを回復できないというのは物凄くイメージがしやすいですよね。(笑)

真面目な話をさせていただくと…感情起因評価と事実起因評価の2つがあるという話は全くその通りだと考えております。学生時代は他人と比較されることで順位が決まっていたので、どうもその癖が抜けなかったと考えているのですが、自分自身を他人と比べることがどれほど無価値なものだろうか?と考えるようになりました。

他所は他所、ウチはウチ。なんですよね。

比べるのであれば、他人では無くて昨日の自分にしておきましょう。あとは筋トレをプラスすれば満点です。

今日はこんな感じで。それでは、また!

バックアップコース専用フォーム

<会員限定コンテンツ>

文章テクニック04:「感嘆語」を入れる

<会員限定コンテンツ>

マイプロテインのセール情報

■【期間限定】2017年6月21日~・初回購入割引が25%オフから30%オフになるキャンペーンを実施中!

→ 【速報】マイプロテインでの初回割引30%オフとJCBカードの利用について

■今月の月イチセールはチョコレート味30%オフ!・割引コードは CHOCO30 です。

・その他、週末セールや最大70%オフのお買い得商品も!

スポンサードリンク

【登録不要】プロテインに関する知識と経験の全てを1ページにまとめました!

筋トレをする上で欠かせないものはプロテインですが、日本で売られているプロテインの大元は全て同じだと知っていますか?中身が同じなら、コスパで選べば良いと思いませんか?

プロテインについて調べたこと、実践したことを全て記事にしてまとめています。(記事を書くのに掛けた時間には自信があります!)

「ビタミン・ミネラル」・「フィッシュオイル」・「BCAA」・「クレアチン」などなど、各種サプリについても情報を追加中です。

必要な情報を全てまとめる勢いで作成しているので騙されたと思って覗いてみて下さい!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年3月9日生まれ、うお座。2008年、大学3年の時に(株)アイマーチャント代表取締役社長 菅智晃の著書を読み、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担うなど、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。詳しいプロフィールはコチラ!