広告ってウザいですよね。それでもアップルが広告に手を出そうとしているのは・・・

スポンサードリンク

こんにちは!アイマーチャントの小川です。

関東地方、今日は気温が上がるらしいです。この揺さぶり方、やめてほしいものですよね。

それはそうと、バックアップオプションの9月分の活動記録を記事にしました。

今月の補講日程を考えているのですが、ちょうど良いタイミングを計れずに困ってます。23日(日)の名古屋開催もあるかもしれません。(笑)この部分に関しては個別に連絡させていただきますね!

それでは、本日もよろしくお願いいたします。

とあるブログ系コミュニティの繋がり

<会員限定コンテンツ>

ひどく都合の良い解釈の実例。騙されないために…

<会員限定コンテンツ>

気になったニュースのコーナー

アメリカでの話になりますがApp Storeでの検索時に広告が表示されるようになるんだとか。

今まではダウンロード数を伸ばす方法として有名なのは「ランキング攻略」だったわけですが広告の機能が実装されると、様子が変わってきそうですね。アプリ業界で問題とされているのが、ランキング操作を目的とした「リワード広告」です。

リワード広告とはインセンティブ付きの広告でして一度ランキング上位に露出することでダウンロード数が伸び、上位に留まりやすいというApp Storeの特性を利用した手法です。アップトーキョーさんのサイトで定点観測されていますので一度覗いてみると「あぁ!なるほど!!」と思っていただけるはず。

これまではアプリの存在を知らせる方法がありませんでしたが公式の広告プラットフォームが整備されたとしたら様子は変わってくるのではないでしょうか?

広告プラットフォームができると言うことは1つの市場が作られると言うことですから、その利益がサービスとしてユーザーに還元される可能性も高いです。

個人的に注目していることとしては同じくアップルが提供しているPodcastです。もしかしたら、こっちも広告が出せるようになるかも…注目しておきます。

 

この研究結果は面白いですよ。

習慣を定着させる方法として「朝に取り組むこと」をお薦めしておりますが、もう少し詳しい研究結果が出てきました。

というのも、効果を発揮するのは「単純に時間によるものなのか」それとも「体内時計によるものなのか」が分かっていなかったからです。経験則として、徹夜した状態で朝8時に勉強したところで1ミリも記憶に残らないことはわかるものですが、今回の実験によって、科学的にも証明されたということでしょう。

この研究の結果、お伝えすべき内容は変わりませんね。

朝起きた時が一番エネルギーがあり、記憶の定着も良いので身に付けたい習慣は朝に持ってくるべきでしょう。朝は難しい…という方は早寝早起きから始めることをお薦め致します。

 

残念ながら、これはありますね。

本文にも書いてありますが…「僕はこんな面白いことをやってるよ!」と言うよりも「こんな面白いことをやっている奴がいるぞ!」の方が圧倒的に食いつきが良いことはイメージ出来てしまいます。まとめサイトのタイトルが秀逸である理由は「第三者の視点でまとめているから」なのでしょう。色々と考えさせられます。

今日はこんな感じで。それでは、また!

バックアップコース専用フォーム

<会員限定コンテンツ>

文章テクニック29:一般論+じつは~

<会員限定コンテンツ>

太りたいガリガリ男子の方へ。筋トレを始める前に…

勢いだけで筋トレを始めても続きません。

「思考のインストール」・「食事と体重の関係性の理解」・「教わる人」の3つが必要です。

詳しくは解説記事をどうぞ!

→ 太りたいガリガリ男子が効率良く健康的に太る方法【筋トレを始める前に抑えるべき3つのポイント】

マイプロテインのセール情報

■今月の月イチセールはバニラ味30%オフ!

・割引コードは VANILLA30 です。

・その他、週末セールや最大70%オフのお買い得商品も!

スポンサードリンク

【登録不要】プロテインに関する知識と経験の全てを1ページにまとめました!

筋トレをする上で欠かせないものはプロテインですが、日本で売られているプロテインの大元は全て同じだと知っていますか?中身が同じなら、コスパで選べば良いと思いませんか?

プロテインについて調べたこと、実践したことを全て記事にしてまとめています。(記事を書くのに掛けた時間には自信があります!)

「ビタミン・ミネラル」・「フィッシュオイル」・「BCAA」・「クレアチン」などなど、各種サプリについても情報を追加中です。

必要な情報を全てまとめる勢いで作成しているので騙されたと思って覗いてみて下さい!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年3月9日生まれ、うお座。2008年、大学3年の時に(株)アイマーチャント代表取締役社長 菅智晃の著書を読み、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担うなど、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。詳しいプロフィールはコチラ!