LINEの広告プラットフォームでリーチ出来る顧客層

スポンサードリンク

こんにちは!アイマーチャントの小川です。

関東地方、雨は上がっておりますが、すっきりとした快晴とはなっておりませんね。昨晩は出かける予定があったので台風の影響にビクビクしていたのですが気にしていたほどの影響はありませんでした。週間天気予報を覗いてみますと関東地方は雨模様が続くようです。交通機関にも影響が出ることもありそうですからお出かけの際は引き続きご注意くださいませ。

このメールを書いているのは午前中なのですが今日のお昼頃に日銀の金融政策の発表があります。

日本がどの方向に進んでいくのか?という意味で注目すべき内容だと考えているのですが、こういったタイミングの時には電車が止まることも多いような気がしています。単なる気のせいだと良いのですが、注意することで失うものはありませんので電車移動をされる方は、十分にお気を付けください。

それでは、本日もよろしくお願い致します。

お客さんの心を掴みたい方へ。身近な良い例を発見しましたよ。

<会員限定コンテンツ>

気になったニュースのコーナー

昨日、LINE LIVEの記事を掲載させていただきましたので、その流れでLINEの広告の記事を載せておきます。

2016年6月にリリースされた「LINE Ads Platform」ですが普段LINEを使っている中で、広告を目にする機会も増えてきたのではないでしょうか?僕のように、TLに投稿はしないけどたまにチェックするという人は多いはずですからある程度のリーチは見込めるはず。

記事を読んでいて気になったポイントとしては「新規顧客の流入が多い」という部分です。

日本国内でLINEを活用している人は非常に多いですから、これまでの広告ではリーチ出来なかった層に対してリーチできるという内容もイメージできます。まだ個人に対しては解放されていないプラットフォームですが、もし解放されたとしたら新たな広告プラットフォームとしてブームが起きそうです。

 

アドセンスの広告数の上限が無くなったというニュースは以前、触れたことがあるように思いますが、その結果報告をしている記事はなかなか見かけないのでピックアップしてみました。

結果に関してはブログ記事を見ていただければ良いとして着目すべきは「経過報告記事」と言う部分です。何かしらの変更があった時に
記事にする人は結構な人数がいらっしゃるのですが、その後の経過を記事にする人はあまり多くありません。

実践してみた結果、あまり変化が無かったとしても、それは貴重な検証結果であり、価値のある情報となります。応用の仕方は色々とありますので1つご参考までに。

 

これまで、敢えて触れてこなかった話題ですが、良記事を発見したので掲載しておきます。ビジネスは手段の1つであるという考え方は同じだと感じました。

この部分はかなり大事だと考えているのですが、ドツボにハマる人はドツボにハマる部分だったりします。ご一読をお薦め致します。

今日はこんな感じで。それでは、また!

バックアップコース専用フォーム

<会員限定コンテンツ>

文章テクニック30:「あなたのことですよ」+勧誘

<会員限定コンテンツ>

太りたいガリガリ男子の方へ。筋トレを始める前に…

勢いだけで筋トレを始めても続きません。

「思考のインストール」・「食事と体重の関係性の理解」・「教わる人」の3つが必要です。

詳しくは解説記事をどうぞ!

→ 太りたいガリガリ男子が効率良く健康的に太る方法【筋トレを始める前に抑えるべき3つのポイント】

マイプロテインのセール情報

■今月の月イチセールはバニラ味30%オフ!

・割引コードは VANILLA30 です。

・その他、週末セールや最大70%オフのお買い得商品も!

スポンサードリンク

【登録不要】プロテインに関する知識と経験の全てを1ページにまとめました!

筋トレをする上で欠かせないものはプロテインですが、日本で売られているプロテインの大元は全て同じだと知っていますか?中身が同じなら、コスパで選べば良いと思いませんか?

プロテインについて調べたこと、実践したことを全て記事にしてまとめています。(記事を書くのに掛けた時間には自信があります!)

「ビタミン・ミネラル」・「フィッシュオイル」・「BCAA」・「クレアチン」などなど、各種サプリについても情報を追加中です。

必要な情報を全てまとめる勢いで作成しているので騙されたと思って覗いてみて下さい!

ABOUTこの記事をかいた人

1988年3月9日生まれ、うお座。2008年、大学3年の時に(株)アイマーチャント代表取締役社長 菅智晃の著書を読み、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担うなど、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。詳しいプロフィールはコチラ!