最強はだれか?

スポンサードリンク

こんにちは!アイマーチャントの小川です。

ちょっとした事情があり、一足先に実家に戻っています。僕の実家は岩手県でして、涼しいを一歩通り越して少し肌寒いぐらいだったりします。実家には姪っ子×2も遊びに来ており、朝からブンブンと振り回され続けています。この時間になってようやく家が落ち着きを取り戻し、ブログを書き始めています。3歳と0歳の姪っ子たちと接しながら「この子たちは最強だな…」と思ったので、今日のテーマとして取り上げてみたいと思います。

 

最強とは何か?


「最強」という言葉を辞書で引くと、このように出てきます。

もっとも強いこと。もっとも強いもの。(goo辞書)

僕が好きなマンガの1つに「グラップラー刃牙」という格闘マンガがあります。地上最強の生物と謳われる父(範馬勇次郎)を持つ範馬刃牙と様々な格闘家が闘いを織り成す長編格闘マンガであり、『地上最強は誰か?』『地上最強とは何か?』ということがテーマにしています。(勝手な解釈)

実際のところ、登場するほとんどの格闘家は「地上最強」を目指して闘い続けているのですが、主人公の刃牙だけは、あくまで父(勇次郎)を超えることを目標としているのであり、地上最強を目指しているわけではないのですが。。。(越えるべき父が地上最強だったという話)

「強くなりたい」という気持ちは、男であればほとんどの人が持っている(あるいは持っていた)感情であり、誰しも心の中に「ヒーロー像」があるものだと思います。肉体的な強さに憧れる一方で、肉体的には完全に弱者であるはずの姪っ子たちに「敵わない…」と感じたことは逆に面白いなと思うキッカケともなりました。

 

支配されない強さ


結論から話てしまうと、姪っ子に限らず、赤ん坊が強い理由は「支配されない」ところにあるのかな?と思います。「最も弱い存在であるが故に、支配されることなく支配する存在となる。」難しい言葉で表現すると、このように表現できると考えているのですが、問題はここから何を学ぶか?という点です。

生物学上「大人」と分類される僕たちが赤ん坊のように振る舞うことは確かに最強になれるような気もしますが、全く持って現実的ではありません。学ぶべきところは傍若無人に振る舞う姿ではなく、彼女たちのメンタルにあるのでは?と思うわけです。これは推測でしかありませんが、赤ん坊にとっての世界は「自分」が全てです。「こうしたらこう思われるから…」という下心は、そこにありません。

他人の価値観に合わせて生きるのではなく、自分が正しいと思ったことをひたすらに行う。

大切な要素が抜けている部分も気もしますが、1つの要素としてこの指針はすごく重要なものであると感じています。他人の承認を求めて生きることは、あまり楽しくないですからね。

姪っ子たちからは学ぶことばかりなので、この機会にたくさんのことを吸収してきます!

 

 

マイプロテインのセール情報

■【期間限定】2017年6月21日~・初回購入割引が25%オフから30%オフになるキャンペーンを実施中!

→ 【速報】マイプロテインでの初回割引30%オフとJCBカードの利用について

■今月の月イチセールはチョコレート味30%オフ!・割引コードは CHOCO30 です。

・その他、週末セールや最大70%オフのお買い得商品も!

スポンサードリンク

【登録不要】プロテインに関する知識と経験の全てを1ページにまとめました!

筋トレをする上で欠かせないものはプロテインですが、日本で売られているプロテインの大元は全て同じだと知っていますか?中身が同じなら、コスパで選べば良いと思いませんか?

プロテインについて調べたこと、実践したことを全て記事にしてまとめています。(記事を書くのに掛けた時間には自信があります!)

「ビタミン・ミネラル」・「フィッシュオイル」・「BCAA」・「クレアチン」などなど、各種サプリについても情報を追加中です。

必要な情報を全てまとめる勢いで作成しているので騙されたと思って覗いてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

ABOUTこの記事をかいた人

1988年3月9日生まれ、うお座。2008年、大学3年の時に(株)アイマーチャント代表取締役社長 菅智晃の著書を読み、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担うなど、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。詳しいプロフィールはコチラ!