1つのビジネスに固執することの危険性

スポンサードリンク

こんにちは、アイマーチャントの小川です。

本業にせよ、副業にせよ、インターネットビジネスに取り組もうと考えている人は多くいます。各々の目的は人によりけりですが、共通していのは「インターネットを使ってお金を稼ぎたい」という部分だと思います。

「収入源が複数あった方が良い」という話は誰もが聞いたことがあり、その意見に対して反対意見を唱える人はほとんどいません。この場合、ポイントとなるのは「リスク管理」という側面です。1箇所から100万円の収入があるが状態と、10か所から10万円ずつの収入がある状態ではどちらがリスクに対応しやすいか?という話となります。

方法論としてインターネットビジネスには様々な手法がありますが、ここでは「情報販売」で例えてみます。

月100万円稼ぐヒット教材を1個だけ販売しているAさんと、月10万円稼ぐ教材を10個販売しているBさんがいたとしたら、どちらになりたいでしょうか?この場合、リスク管理・安定性から考えるとBさんを選ぶ人がほとんどです。情報販売の場合、売り上げは外的要因によってかなり波があります。

・検索エンジンのアルゴリズムが変わり、検索結果に載らなくなったら…?
・ライバルが同ジャンルに参入して、アフィリエイターさんの多くが鞍替えしたら…?
・技術革新により、そのジャンルで画期的な商品が発売されたら…?

1つの教材で大きく売り上げるということは、それだけ注目を浴びるので必然的にライバルが増えてしまいます。Aさん自身も「いつまでも続くわけがない…」と分かっているからこそ「何とかしなきゃ…」と不安に考えるケースは実際にあります。一方で、1つの教材でコンスタントに月10万円の売り上げを上げることは、それほど難しいことではありません。しっかりと仕組みを構築することで、ほとんど放置状態で稼働することが可能です。(たまにメンテナンスする程度)複数商品があることで、仮に1つの教材が売れなくなった時に受けるダメージがそれほど大きくないことは簡単に想像できるでしょう。

「情報販売」という1つの枠の中で例えてみましたが、さらに大枠で考えた場合も同様です。情報販売の収入の他に、アフィリエイトからも収入があった方が良いというのは誰が考えてもわかることだと思います。しかし、1つ問題となるのは複数のビジネスに取り組めば取り組むだけ忙しくなるという部分です。基盤を安定させるために、複数のキャッシュポイントを作っているはずなのに複数のキャッシュポイントを作ったせいで時間に追われてしまっては、意味が無いですよね?

そうならないために必要となるのは1つの意識改革となります。詳しくは次回以降の記事で更新していきます。

マイプロテインのセール情報

■6月最終セール!全品30%オフ!

・割引コードは JUNE30 です。

■またスポーツウェアが半額!50%オフ!

・割引コードは FUKU50 です。

■今月の月イチセールはチョコレート味30%オフ!

・割引コードは CHOCO30 です。

・その他、週末セールや最大70%オフのお買い得商品も!

スポンサードリンク

【登録不要】プロテインに関する知識と経験の全てを1ページにまとめました!

筋トレをする上で欠かせないものはプロテインですが、日本で売られているプロテインの大元は全て同じだと知っていますか?中身が同じなら、コスパで選べば良いと思いませんか?

プロテインについて調べたこと、実践したことを全て記事にしてまとめています。(記事を書くのに掛けた時間には自信があります!)

「ビタミン・ミネラル」・「フィッシュオイル」・「BCAA」・「クレアチン」などなど、各種サプリについても情報を追加中です。

必要な情報を全てまとめる勢いで作成しているので騙されたと思って覗いてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

ABOUTこの記事をかいた人

1988年3月9日生まれ、うお座。2008年、大学3年の時に(株)アイマーチャント代表取締役社長 菅智晃の著書を読み、即事務所に電話。そして弟子入り。以降、現在に至るまで自社企画のサポート、資産構築の自動化を一手に担うなど、株式会社アイマーチャントを裏側から支える。詳しいプロフィールはコチラ!